PRTIMES

~ふんわり透けるマットな質感で、ジェンダーを問わず凛とした目もとを演出~ 『ヴィセ』から、“囲み目メイク”を提案するアイカラーを発売


 株式会社コーセー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小林 一俊)は、1994年のブランドデビュー以来、若い世代のトレンドメイクをリードしてきたメイクアップブランド『ヴィセ』から、すりガラスのように透けるようなマットな質感で立体的な目もとを演出するアイカラー「ヴィセ ニュアンス マット クリエイター」などの新商品(2品種11品目、ノープリントプライス)を、2022年10月16日より全国のドラッグストアや量販店などを中心に発売します。また、今シーズンは『ヴィセ』独自の“囲み目メイク”をジェンダーレスに提案していきます。

 近年のポイントメイク市場では、マスクをしていても個性を表現できるとして、眉まわりや目もとのメイクが注目されています。アイカラーにおいては、新型コロナウイルスが蔓延し始めた2020年頃から、単色の濃淡でグラデーションに仕上げるアイテムが人気でした。その後、マスクの着脱シーンも増えた2022年現在、「マスクを外した状態の顔をバランス良く仕上げたい」「アイメイクに変化を付けて楽しみたい」とするニーズが拡大し、様々な質感や色味のアイメイクアイテムが市場を賑わせています。さらに塗布の方法や範囲も多様化していることから、当社では、アイメイクの人気は今後もますます高まると予測しています。
 また最近では、アイメイクを取り入れる男性も増加傾向にあり、男性には、光沢やツヤ、ラメ感を感じない、マットな質感のアイテムが支持を得ています。

 このようなトレンドを背景に、このたび発売する「ニュアンス マット クリエイター」は、ジェンダーレスで使用可能な、マットな質感の4色をセットにしたアイカラーです。軽い感触で伸び広がり、肌に溶け込むように馴染むクリアパウダー(※1)を配合したことで、ふんわりと透けるような発色でありながら、立体感のある目もとを叶えます。4色のパレットのうち、左上には、重ねる色を美しく引き立てる「スキンリセットカラー」を配置。ファンデーションのように、まぶたのくすみや色ムラを自然にカバーします。(※1)窒化ホウ素


 今シーズンの『ヴィセ』では、“囲み目メイク”をジェンダーレスに提案します。“囲み目メイク”は、アイカラーやアイライナー等で目の周りを囲むように塗布するメイクのことで、1990年代にもトレンドになったメイク方法です。当時は、黒や濃い茶色などの色を、ライン状にくっきりと塗布して仕上げるのが主流でしたが、今回『ヴィセ』が提案するのは、透けるような色味のアイカラーを上下のまぶたに塗布することで、自然な陰影が演出された、“新・囲み目メイク”です。「ニュアンス マット クリエイター」のパレットの上で、4色すべての色を指で混ぜ、そのまま上下の


まぶたに往復しながら塗布するだけで仕上げることができます。4色に仕切りのない設計だからこそできる、『ヴィセ』オリジナルの塗布方法です。マットな質感でありながら透けるような発色が可能になるため、重くならず、上品かつ凛としてハンサムな印象を与えます。
 色展開は、「センシュアルベージュ」「ハンサムレッド」「チェスナットブラウン」「ダスティピンク」「クラシックグレー」の5タイプを取り揃えています。

 同時に発売する「ニュアンス マット ルージュ」は、すりガラスのようなマットな質感でありながら、ほのかに透けて肌に馴染む口紅です。スルスルと伸び広がり、軽やかな付け心地を実現するソフトスムース成分(※2)を配合しました。美容液成分としてスクワランを配合。唇にうるおいを与え、あれ・乾燥を防ぎます。
(※2)(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー

 近年継続して人気のある落ち着いた色味はそのままに、目もとと口もとにマットな質感を与える商品を発売し、『ヴィセ』の今シーズンのメイクテーマである「ハンサムクラシック」の世界観を独自のテクニックとともに発信することで、ブランドの新規愛用者を、ジェンダーを問わずに拡大していきます。

『ヴィセ』について

 『ヴィセ』は、10~20代のトレンドに敏感な層に向けて1994年1月に誕生したメイクアップブランドです。常に時代のファッションリーダーをイメージキャラクターに起用し、その時代の若い世代のトレンドメイクをリード。新たなメイク提案をし続けています。
◇『ヴィセ』ブランドサイト https://www.kose.co.jp/visee/

参考資料

【「ハンサムクラシック」メイクイメージ】   

【1990年代の「囲み目」メイクイメージ】            

【メイクアップ担当】

土橋 脩(どばし おさむ)
(株)コーセー 美容開発部 ビューティクリエーションユニット
ヘア&メイクアップアーティスト

メイクアップブランドのTV-CMやポスター、雑誌広告、WEB媒体を手掛けるほか、豊富な経験値と美容知識を活かして商品企画開発にも携わる。国内外におけるイベント、セミナー、メイクアップショー、撮影、取材やパリコレクションでのバックステージなどグローバルで活動。常に最新のトレンドや商品研究に熱心な一方で、センスと感性に優れた柔軟かつ大胆なアプローチが魅力のスペシャリスト。
山梨県出身。

2022年10月16日発売『ヴィセ』 新商品(2品目11品種)

※ノープリントプライス

           1.                2.
<順に、商品名・特長・容量/色数>
1.ヴィセ ニュアンス マット クリエイター〈アイカラー〉
マットな質感でありながら、ふんわりと透けるような発色で、立体感のある目もとを叶える4色入りの
アイカラー。 5.0g/5色
2.ヴィセ ニュアンス マット ルージュ〈口紅〉
すりガラスのようなマットな質感でありながら、ほのかに透けて肌に馴染む口紅。 4.0g/6色
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

FEATURE

MAGAZINE

一生元気に!自愛ビューティ

~ふんわり透けるマットな質感で、ジェンダーを問わず凛とした目もとを演出~ 『ヴィセ』から、“囲み目メイク”を提案するアイカラーを発売

2024年8月号

2024年6月17日発売

FOLLOW US

HOT WORDS

PRESENT & EVENT