PRTIMES

40代以上の約7割が使用経験あり!長年愛され続けるボディケアブランド『シーブリーズ』ブランド誕生120周年!“エモさ”あふれる新ビジュアルと120周年メッセージを公開

~ 80~90年代の青春の“エモさ”と“懐かしさ”を楽しめる企画を展開 ~ 新ビジュアルで装飾した特別列車『#江モ電』*1 8月8日(月)より期間限定運行開始

 株式会社ファイントゥデイ資生堂(本社:東京都港区、代表取締役 社長 兼 CEO 小森哲郎、以下ファイントゥデイ資生堂)のアクティブな毎日を応援するボディケアブランド『シーブリーズ』は、2022年にブランド誕生120周年を迎えました。120周年を記念して、シーブリーズを象徴する海を舞台に、80年代・90年代の“エモさ”や“懐かしさ”あふれるビジュアルやメッセージを発信します。
 また、120周年の新ビジュアル発信の一環として、シーブリーズオリジナルの車体ラッピングと、車内装飾を実施した、特別列車『#江モ電』*1を江ノ島電鉄にて2022年8月8日(月)~9月末(予定)の期間限定で運行いたします。
*1 現在運行中のすべての車両は、点検を行い、安全上の問題がないことから通常運行していることを江ノ島電鉄様と確認した上で、当プロモーションを実施しております。

『シーブリーズ』ブランド誕生120周年について

 シーブリーズは1902年にアメリカで誕生し、今年で120周年を迎えます。


シーブリーズのデザインには夏と海を象徴する「帆のマーク」が採用されています。シーブリーズが日本に上陸した1960年代、若者の間では、サーフィンなどのマリンスポーツがトレンドの中心となっていました。おしゃれなTVCMの影響や、日やけした肌をクールに引きしめるといった独自の特長をもつシーブリーズは、マリンスポーツを楽しむ若者に人気を博し、ヒット商品となるとともに、夏の定番商品として定着しました。
 「シーブリーズ アンティセプティック(医薬部外品)」は、自然の知恵をいかし、カンフル・ハッカ油・ユーカリ油などの天然植物香油成分を配合した全身薬用ローションです。1902年の誕生以来受け継がれてきた伝統のレシピを、現在も変わることなく守り続けています。

『シーブリーズ』ブランド誕生120周年記念メッセージと今回の取り組みについて


 ファイントゥデイ資生堂が実施した生活者へのアンケートによると、男女ともに、30代から50代の方の「シーブリーズ アンティセプティック(医薬部外品)」の使用経験者が多いこと、特に40代以上の方の約7割が「使用経験あり」ということが分かりました。

 長きにわたり多くのお客さまにご愛用いただいているシーブリーズですが、120周年を迎えるにあたり、ブランドをずっと応援してくださっているお客さまに感謝の気持ちを伝えたいと考え、原点に立ち戻り、シーブリーズを象徴する海を舞台に、シーブリーズの知名度が高まった80年代・90年代当時の“エモさ”や“懐かしさ”あふれるビジュアルやメッセージを発信します。
 友人や家族と海に行ったあの日の記憶、シーブリーズが傍らにあった「青春」を思い出していただくとともに、その時代を知らない若い世代の皆さまにも楽しんでいただける情報を発信していきます。

『シーブリーズ』ブランド誕生120周年記念 “エモさ”と“懐かしさ”あふれるビジュアルについて

1980年代~1990年代、シーブリーズのアンティセプティックを持って、湘南の海で遊び、日やけを楽しむ若者があふれ返っていました。今回の120周年を記念した新ビジュアルやメッセージでは、シーブリーズを象徴する海を舞台に、当時の情景が思い浮かぶような、”80年代~90年代あるある”がちりばめられています。

「#シーブリーズ120回目の夏が来た」をテーマにシーブリーズ公式Twitterアカウント( @seabreeze_1902 )からの発信のほか、店頭などさまざまな場所でビジュアルの発信を実施します。

 今回使用している「エモい」という言葉は、「なんとも言えない気持ちのとき」 「感動したとき」「切ないとき」など、感情が強く動かされたときに使用される言葉です。一つの明確な意味はなく、さまざまな感情を表現する際に利用され、2000年代前半から広まり始めました。もともとは若者の間で使用されていましたが、2018年に流行語を獲得した後に、一般化してきています。当時、シーブリーズを持って海に通った世代には“懐かしさ”を、この夏、海に通う現代の若者たちには“エモさ”を感じていただきたいと考えています。

■ビジュアル内広告コピー※一部抜粋          

『電話ボックスで告白。勇気が出るのが先か、10円が切れるのが先か。』    


当時はスマホがなく、電話ボックスからかけるのが当たり前でした。みんなテレホンカードを持ち、電話するための小銭を常備していたものでした。長電話になってしまうと、小銭が足りなくなって会話の途中で切れてしまうことも。告白するにも小銭の残りを気にする必要があったのです。

『あの日、ハレー彗星は見えなかったけど、君の心は見えた気がした』


1986年4月、ハレー彗星が76年ぶりに地球に最接近 するということがありました。彗星を一目見ようと 天体望遠鏡の売れ行きが伸びたそうです。南半球で しかみられなかったため、日本では彗星をみること ができず、みんな落胆していました。

『シーブリーズ』ブランド誕生120周年記念 “エモさ”と“懐かしさ”あふれるビジュアルについて

■『#江モ電』*1について
 120周年の新ビジュアル発信の一環として、「120周年」と「海」という共通項から、江ノ島電鉄にて、車体ラッピングと、車内装飾を実施した特別列車『#江モ電』2022年8月8日(月)~9月末(予定)の期間限定で運行いたします。
*1 現在運行中のすべての車両は、点検を行い、安全上の問題がないことから通常運行していることを江ノ島電鉄様と確認した上で、当プロモーションを実施しております。
<運行概要>
運行期間:2022年8月8日(月)~ 9月末(予定)
運行区画:全線
江ノ電公式URL:https://www.enoden.co.jp/

▼車体ラッピング


▼中吊り広告                    ▼窓上広告


▼床装飾

『シーブリーズ』商品概要

全身爽快リフレッシュ!全身薬用ローション

爽快なつけ心地で、肌を清潔に整え、
全身の肌をクールにひきしめる薬用ローションです。
あせもやニキビ、肌あれなどを予防します。

天然植物香油成分(ハッカ油、ユーカリ油、チョウジ油、オイゲノール)、
有効成分カンフル、安息香酸を配合。

■スキントラブルの予防に ■ひげそり後に
■全身のマッサージに ■スポーツ後に ■メイク落としの後に
■リフレッシュしたい時に ■日やけした後に ■入浴、シャワーの後に

シーブリーズ
アンティセプティック
(医薬部外品)
230mL

デリケートな肌もすっきり清潔。素肌さらさら、全身ケア

デリケートなお肌を清潔に整え、
クールにひきしめるお肌にやさしい全身ローションです。
微香性。

植物由来香油成分(ハッカ油、ユーカリ油、チョウジ油、オレンジ油)配合。

■全身のマッサージに ■スポーツ後に ■メイク落としの後に
■リフレッシュしたい時に ■日やけした後に ■入浴、シャワーの後に

シーブリーズ
アンティセプティック
ローション
センシティブ
230mL

その他関連情報

▼シーブリーズ ブランドサイト
https://www.seabreezeweb.com/

▼シーブリーズ アンティセプティック(医薬部外品)商品情報
https://www.seabreezeweb.com/products/body_care/

▼シーブリーズの歴史
https://www.seabreezeweb.com/study/

▼シーブリーズ 公式Twitter
https://twitter.com/seabreeze_1902

▼ファイントゥデイ資生堂 企業情報
https://www.finetoday.com/jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

FEATURE

MAGAZINE

一生元気に!自愛ビューティ

40代以上の約7割が使用経験あり!長年愛され続けるボディケアブランド『シーブリーズ』ブランド誕生120周年!“エモさ”あふれる新ビジュアルと120周年メッセージを公開

2024年8月号

2024年6月17日発売

FOLLOW US

HOT WORDS

PRESENT & EVENT