PRTIMES

【毎日の新習慣「紫外線”アフター”ケア*」】 紫外線対策の意識と実態に着目し、NZ発『Syrene』の人気No.1**ジェルマスクがリニューアル。

Syrene

2022年に日本に上陸したNZ発スキンケアブランド『Syrene(サイリーン)』は、人気No.1**のジェルマスクを、新たに紫外線ケア*をサポートする成分を配合しリニューアル。同時に「紫外線アフターケア*」を新コンセプトに、紫外線を浴びた後の”アフターケア”の重要性を伝えるブランドとしてメッセージを刷新します。


人気No.1**のジェルマスクが、新たに紫外線を浴びた後の保湿ケアを叶える成分を配合しリニューアル

「紫外線アフターケア*」を新コンセプトに、日々の紫外線を浴びる前の対策だけでなく、”アフターケア”の重要性を伝えるブランドへ

日本の約7倍のニュージーランドの紫外線から肌を守るSyreneだからこそ、日本でも紫外線に悩む人々の肌を守り、日々の紫外線ケアをサポート

*紫外線を浴びた後の保湿・乾燥ケア
*2022年4月~2023年8月における自社販売数No.1

紫外線対策の重要性と実態のギャップに着目。”アフターケア”に特化し、日常的な紫外線対策をSyreneがサポート

 実は、紫外線は「UV-A」と「UV-B」の2種類。一般に「紫外線対策」というと想起されやすいのが、主に4~9月の日焼けの原因となる「UV-B」で、多くの方が対策を行っていることでしょう。一方で、より肌の深いところまで届く「UV-A」は1年を通して多く降り注ぐだけでなく、雲や窓ガラスを通り抜けやすい性質を持つ(※)ため、季節や室内外を問わず同様に日焼け止めなどの対策が必要です。ところが、Syreneが行った調査によれば、以下の実態が明らかになりました。
※屋内でも屋外の約80%の紫外線が降り注いでいる(*1)

日焼け止めを利用する人のうち
・1年中塗っている人は約5割
・室内でも塗っている人は約2割

 上記のように、紫外線が日々肌に与える影響に対して、その対策の重要性を理解している人は少ないことがわかります。Syreneでは、この紫外線対策の重要性と実態のギャップに着目し、紫外線を浴びた後のケア=“アフターケア”に特化することで人々の肌悩みに寄り添うことを決意し、商品のリニューアル並びにブランドコンセプトを刷新しました。

 また、「UV-A」は年齢とともに多くの人が直面するシミ、シワ、たるみなどの肌悩みの原因の約8割を占める「光老化」の原因でもあります。日本でも多くの人が悩みを抱える紫外線への”アフターケア*”として、将来的な肌悩みを減らす「未来への投資」とも言える日々の紫外線ケアの重要性を伝えてまいります。

日々の”紫外線アフターケア*”を叶え、日常を輝かせるスキンケアブランドへ

 Syreneが目指すのは、紫外線ダメージの影響や肌悩みによって行動を抑制することなく、多くの人が外での活動を楽しめる日常です。
 気象庁の発表によると、年間の紅斑紫外線量(UVインデックス:紫外線の強さを指標化したもの)は1990年の観測開始以降、2023年現在、最高値を記録しました(*2)。夏に強烈な紫外線ダメージを受けた肌は、バリア機能や保水機能が低下し、ケアを怠ると肌トラブルに発展しかねません。さらに秋を迎え、肌のうるおいが奪われやすい時期となってきました。今こそ、夏に蓄積した紫外線ダメージをケアし、肌を労わることが大切です。
 

また、過ごしやすい気候の秋は外出頻度が高まる一方で、紫外線量は夏とあまり変わりないのも事実。Syreneでは、活動が増える秋こそ、紫外線対策と“アフターケア”を日常に取り入れ、多くの人に外でのアクティビティを気兼ねなく楽しんでいただきたいと考えております。
 なお、今後日本の紫外線の強さはさらに増していくことが予想されます。一方のSyreneが生まれたニュージーランドは、日本の約7倍の紫外線が降り注ぐ国。そんな現地の強い日差しから肌を守るために開発されたSyreneの力を生かして、日本でも紫外線に悩む人に寄り添い、日常を楽しんでいただく後押しをしてまいります。

*紫外線を浴びた後の保湿・乾燥ケア

日本上陸以来人気No.1*の「アクア ハイドレーティングマスク」がパワーアップして登場

 いつものスキンケアの最後にプラスすることで一晩中肌をケアし、翌朝つるんと滑らかな肌に導く洗い流さないマスク「アクア ハイドレーティングマスク」を、より「紫外線アフターケア**」を叶えるパワーアップした成分にて2023年10月30日より発売を開始いたします。
 水分たっぷりのマスクが肌をひんやりと包み込み、紫外線ダメージによる乾燥やカサつきをケア。ワカメ由来の独自原料や、新たに「ヒアルロン酸Na」「ハチミツ」「グリセリン」などを配合し、より肌荒れケア・保湿ケアに効果を発揮します。使い続けるほどにキメの整ったなめらかな肌へ。また、既存商品は100mLサイズ(約3ヶ月分)となっておりましたが、より使いやすい50mLサイズ(約1.5ヶ月分)を発売いたします。

*2022年4月~2023年8月における自社販売数No.1
**紫外線を浴びた後の保湿・乾燥ケア


日々の紫外線ダメージが肌悩みになる前に。独自原料「エフェメール*」がケア

独自の培養技術でワカメの貴重な配偶体の原料化に成功した「エフェメール*」が、紫外線による肌ダメージ(※乾燥など)をケアし、使い続けるほどにつるんとキメの整ったなめらかな肌へと導きます。
*ワカメエキス
いつものスキンケアにプラス。水分たっぷりのジェルが肌を包み込み一晩中ケア

スキンケアの1番最後にプラスする洗い流さないマスク。オイルフリーでベタつかずみずみずしいジェルが、まるで水のヴェールをまとうように肌をひんやりと包み込み、紫外線ダメージを受けて乾燥しがちな肌をやさしく整えます。
ダメージが蓄積された肌を、ニュージーランドの自然成分がうるおいで満たす

一般的なコラーゲンよりも粒子が細かく浸透しやすい*マリンコラーゲンや、アロエベラ葉エキスによって、乾燥しやすい肌をしっかりと保湿しみずみずしさとうるおいを与えます。
*角質層まで


Syreneについて

 Syrene(サイリーン)は、日本の約7倍もの紫外線が降り注ぐ、ニュージーランドで生まれた"海を守る"クリーンビューティーブランドです。現地の強烈な紫外線ダメージを想定して開発されているため、高い整肌作用はもちろんのこと、ニュージーランドの豊かな自然素材を使用することで肌にやさしくて、どんな肌質にも合うような負担の少ないスキンケアになっています。 また、ベタつかずみずみずしい質感のジェルながら、乾燥地帯でもうるおいを持続させるべく、保湿力にも優れているのが特徴です。
 日本上陸約1年半を迎えるSyreneは、発売当時より、重くないジェルベースなのに高保湿な唯一無二の使用感やリラックス感のある香り、リサイクルプラスチックの容器などご好評をいただいてきました。また、海や自然の恩恵によって生まれたブランドだからこそ、環境を守る取り組みに力を入れています。例えば、容器は海やビーチ・川に廃棄されたゴミ袋などのプラスチックを回収して作られています。
 現在、Syreneはニュージーランドをはじめとした4ヶ国以上にて展開しており、オーストラリアのビューティー・ショップ Mecca Cosmeticaでは、商品発売後に即完売するほどの大ヒットを記録しました。

■Syrene(サイリーン)概要
Syrene(サイリーン) 公式サイト : https://syrene.jp/
Syrene(サイリーン) 公式Instagram : https://www.instagram.com/syrene.jp/

■メディア・スタイリスト様向けリース対応について
Syreneではメディア・スタイリスト様向けにリース対応を行っております。
詳しくは下記まで、お気軽にお問合せください。
≪お問合せ≫
メール:hello@syrene.jp

■株式会社FinTについて
会社名:株式会社FinT
代表者:大槻祐依
本社所在地:〒153-0061 東京都目黒区中目黒1丁目1 KN代官山 9階
電話:03-5722-8111
会社サイト : https://fint.co.jp/

*1 https://digitalpr.jp/r/26277
*2 https://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/link_daily_uvindex_obs.html
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

FEATURE

MAGAZINE

一生元気に!自愛ビューティ

【毎日の新習慣「紫外線”アフター”ケア*」】 紫外線対策の意識と実態に着目し、NZ発『Syrene』の人気No.1**ジェルマスクがリニューアル。

2024年9月号

2024年7月17日発売

FOLLOW US

HOT WORDS

PRESENT & EVENT