SKINCARE

バズり続ける「消える粉」など、美容感度の高い人がこぞって推すコスメブランド

ナチュラルとモードを両立させた価値観をいち早く提唱し、メーク・スキンケア・ヘアやボディと全カテゴリーで支持を集めるTHREE(スリー)。時代に合わせたバランスをアップデートし続ける姿勢が、美容のトレンドを牽引する地位をゆるぎないものとしていたのです。

常識より効果実感と感性を重視、独自視点で第3の価値観を開拓!

ナチュラルなスキンケアとモードなメーク。今やトレンドを牽引するこの2つの価値観を、いち早く両立させた〝THREE〟。ブランド名の由来は、数秘術でクリエイティブという意味を持つ数字の〝3〟。相反するものを掛け合わせて新たな価値を創造したいとの思いを込め、2009年に誕生しました。目指したのは、肌も気持ちも高まるコスメ。創業者の「国産原料の魅力を世界に発信したい」という想いと、クリエイティブディレクター RIE OMOTO氏の「ナチュラルをかっこよく」という視点、当時は今ほど注目されていなかった精油との出合いが、独自の新発想を具現化します。知名度を上げたのは、今もベストセラーに君臨するクレンジングオイルやオイル美容液。肌と親和性が高い植物オイルと香りへのこだわりが、美容のプロを中心に評価されたのです。知名度を全国区に押し上げたのは、2015年に発売したリップジェム。スキンケア、モードなメーク、さらにライフスタイルカテゴリーも評価され、今や性別や年代も問わない、圧倒的な総合力を誇る比類ないブランドに成長しました。精油は肌だけでなくメンタル面への作用も期待し、研究を尽くして配合。ナチュラルな印象ながら、全方位の効果を重視してサイエンスとのバランスを常に模索。今春、アフターコロナ時代に適合する黄金比でスキンケアラインが刷新されました。「Find your Balance」。あなたらしいバランスを見つけるためにサポートを続けます。

左から:最新リップはトレンドのミモザカラーに指名が集中。重ねても、ケアにも使える。ディヴァインリップジェム 01 ¥3,850、ヘアケアアイテムの発売を開始した2013年当時から頭皮ケアの重要性を提唱。健康で美しい髪へ。スキャルプ&ヘア トリートメント リムーバー 60ml ¥5,280、浸透が良くてベタつかないオイル美容液の先駆け。精油を堪能できるスター美容液。エミング フェイシャルオイルエッセンス R 30ml ¥14,850、洗浄アイテムのバリエが豊富なのは清潔な肌を重視するから。中でも一番人気。殿堂入りヒット作で今年で4代目に。バランシング クレンジング オイル N 185ml ¥4,840、年齢、性別、国籍、あらゆる枠組みを外し全人類に向けたブランド〝FIVEISM×THREE〟。一番人気は透明なのに整う通称『透明のBBクリーム』。FIVEISM×THREE FF シークレットエージェント UV SPF50+・PA++++ ¥3,850

世界で活躍するメークアップアーティストRIE OMOTO氏がデビュー時から現在までクリエイティブに関わる。

他にない絶妙質感&色出しのメークコスメだからテクいらずで即シャレ顔に

’14年発売のネイルポリッシュやファンデが人気となりさらに’15年リップジェム、’16年アイグロスが爆発的ヒット!やがて時代を牽引するメークブランドの地位を獲得します。特筆すべきは、色を隠しすぎないテクスチャーと発色。使う人の色や体温と混ざった時にキレイに見えるように見る角度や環境を変えたりなどしながら試作を重ね、技術レスで旬を表現できる逸品に辿り着きます。特にディレクターがこだわるのは色を3次元で表現すること。インスピレーションを受けたモノの色を再現するだけでなく人間像や空気の匂いまでを表すために、パールやラメを活用、ただ可愛いだけではない、独特の奥行き感が完成するのです。〝消える粉〟という異名でバズり続けるパウダーも粉としての役割を果たすのに、白くならず、かさつかないまさにブランドのアイデンティティと技術が集結した傑作。定番色よりチャレンジカラーが人気になるというのも必然。ナチュラルでモードな顔。THREEだから叶えられるのです。

左から:クリーミーなテクスチャーと輝きで、光と血色感を繊細に操作。立体感を整えるブランドローンチ時からのシグネチャーアイテム。シマリング グロー デュオ 全2色 ¥4,950、色と質感違いの4色を配し、重ねるほど眼差しに深みを与える。ディメンショナルビジョンアイパレット 12 ¥7,150、’21年発売以来、ベースメークNo.1人気アイテム。アドバンスドエシリアルスムースオペレーター ルースパウダー 全2種 10g ¥6,050、絶妙なくすみ感と彩度が特徴。どの色を選んでも手指が映える。ネイルポリッシュ 134、同 137ともに¥1,980

誰にとっても心地よい香り、パケ、豊富なバリエで間違いないギフトの地位を確立

肌だけでなく、心と体までケアしたい。そんな創設時からのビジョンを実現するために不可欠なのがライフスタイルカテゴリー。フェイス、ボディ、ヘア。パーツによって皮膚の厚さや毛穴の大きさ、構造が異なるからそれぞれに適したアイテムを研究して、製品化しています。ヘアケアでは、土壌である頭皮を整えるケアを当初から提唱、ローション、ミルク、クリームを揃えるスタイリング剤はただ形を整えるだけでなく、ケア効果を重視します。昨年発売したボディセラムが、水と油の二層式を採用したのも「背中は脂っぽく、脚は乾燥」など異なる悩みに応えるため。効果実感や自然由来、環境への配慮、そしてデザイン。どのアイテムも、繊細なニーズをカバーする配慮に溢れニュートラルで心地よく、性別や年齢、好みも選ばないからギフトに選ぶ人が多いというのも納得。特定のものを連想させないTHREEならではの香りも鉄板。使う人を特定しない物作りが、ボーダーレス時代をリードします。

前:クレンジングとシャンプーで汚れをオフしたら、頭皮までしっかりトリートメントするのがTHREE流。洗い流しすぎないで。スキャルプ&ヘア オーダレンジ コンディショナー R 165g ¥3,630、奥左から:スキャルプ&ヘア オーダレンジ シャンプー R 250ml ¥3,300、スキンケアが今春リニューアル。浸透とうるおい感が万人受け。バランシングステム ローション 120ml ¥5,940、乾燥や紫外線など、環境ストレスから守るスティック状リップバーム。バランシングSQリップ デイバーム 4g ¥3,300、ギフトに選ぶ人が多数。手肌にうるおいを与えるだけでなく、腕のトリートメントにも。指先からマッサージすれば血行促進に。ハンド&アーム クリーム AC R 50g ¥3,300

本ページ掲載商品のお問合わせ先はすべてTHREEです。

2023年『美ST』8月号掲載
撮影/吉田健一 取材/大山真理子 編集/浜野彩希

FEATURE

MAGAZINE

一生元気に!自愛ビューティ

バズり続ける「消える粉」など、美容感度の高い人がこぞって推すコスメブランド

2024年4月号

2024年2月17日発売

FOLLOW US

HOT WORDS

PRESENT & EVENT

Topics今、スキンケアで注意すべきこと