SKINCARE

「美の医療センター」と呼ばれた大人気スパから生まれたコスメブランドとは?

フェイスケアはもちろん、ボディの細かなパーツケアまで、幅広いジャンルで名品を数多く有するブランド『クラランス』。約70年のブランドの歴史を紐解きます。どんな悩みにも確実な効果を出す信頼感は、原点であるスパ発想から生まれていました。

人体、植物、科学、女性の声。あらゆる視点を掛け合わせ普遍の名品に到達

フェイスからボディまで、結果を求める大人が厚い信頼を寄せるクラランス。起源は1954年にフランスで誕生したスパ。医学生として病院研修中、完治後も自信を取り戻せない患者の姿を目にした創始者ジャック・クルタン・クラランス氏は、医療でカバーできない悩みを解決すべく転身しスパを開業。通称「美の治療センター」。リンパドレナージュを施術のベースとし、女性を悩ませるむくみやくすみ、エイジングサインへアプローチする独自の斬新な手法を考案。瞬く間に予約が取れないスパへと成長します。施術に使用する独自開発のコスメも大好評。「自宅でもケアしたい」というお客さまの要望から’68年100%植物由来の『ボディオイル』の製品化に至ります。全3種いずれも植物に詳しいジャック氏ならではのブレンドで「濡れた肌に」「下から上に」など種類ごとにベストな使用法を提案。良質なオイルが珍しい時代に、心地よく安心して使えて確実な効果が出ると、圧倒的な効果実感が評され現在も人気の名品に成長します。その後もヒットを連発し、中でも’85年の『ダブル セーラム』は、ジャック氏と研究所の所長が「最高の製品」を産み出すために議論を重ねたブランドを象徴する最高傑作。近年ではフランスで最も売れているブランドとして君臨し、「オイルと植物の知識をメークアップに活かす」という発想で発売した『リップコンフォートオイル』もヒット。人体と植物、科学の知識に基づく独自製品は、今後も女性に幸せを届けます。

上左から:5秒に1個売れる美容液は8代目に。水溶性と油溶性、それぞれ高濃度のエイジングケア成分をひとつの製品に配合した傑作。 ダブル セーラム EX 30ml ¥12,100、クラランスのメークアイテムはいずれもスキンケア発想。 色や香りはもちろん、植物由来のケア効果も絶対条件。メークしながら本格リップケア。リップコンフォートオイル 03、同 01 各7ml 各¥3,850、下左から:3種のボディオイルはブランドの原点!肌と心の緊張を解放。肩凝りにも。ボディ オイル〝リラックス〟、下半身のむくみをケア。入浴後の濡れ肌に足先から腰まで塗布。同〝アンティ オー〟、肌の弾力とハリ感をUP。出産前後の腹部やバストケアにも。同〝トニック〟各100ml 各¥8,800

トータルで見つめながら、丁寧に向き合う。パーツごとに宿る細部の美まで全対応

クラランス=ボディケアという印象を持つ人も多いはず。ボディオイルに続き、’73年に3種のバスト製品を発売します。「バストケアに3種類も?」と不思議に感じるもののボリュームアップの『レ ビュスト エパヌイッサン』はブラジャーのパッドに相当。ハリを与えるジェル状美容液はストラップ、弾力ケアのミルクはカップと、役割を細分化。首のエイジング悩みも、ハリ不足か、皮膚のたるみか。一見同じに見える症状でも原因が違うからと、2製品を用意。スリミングも、体の仕組みに合わせていくつものアイテムが。お腹や二の腕など脂肪がつきやすいパーツのケアや太ももやお尻の肌が脂肪で凸凹する悩みにもアプローチ。セルライト=キャピトンケアという言葉を広めたのもマタニティのストレッチマークケアの先駆けも、クラランスでした。体の皮膚は全て繋がっているという発想をベースにどんな悩みにも応えることで、女性を幸せにしたいという創始者の理念が、今も大切に継承されている証しなのです。

左から:エイジングやライフスタイルによってできたシワをケア。ファーミング EX ネック&デコルテ SP 75g ¥13,200、日本では特にボリュームケアが人気。ウエストから首元に向かって引き上げるようにマッサージしながら塗布を。レ ビュスト エパヌイッサン 50g ¥8,800、肌をスッキリと引き締めるマッサージクリーム。脂肪のボリュームを減らすと同時に、肌表面のたるみにもアプローチ。お腹周りや二の腕ケアなどボリュームが気になるパーツをケア。マスヴェルト アドバンスト 200ml ¥9,900、3つの脂肪細胞に着目しすっきり肌を目指す全身用スリミング。セルライトのケアも。ボディ フィット 200g ¥9,680

引き締めながら、ハリを生む。逆のアプローチを同時に叶えるのがたるみ名品の理由

創業時から、お客さまとの対話やあらゆる女性の声を重視。発売から30年以上経つ今も人気の『V コントア セラム』はなんと日本人ジャーナリストの声が誕生のきっかけ!美容関係者に「今、日本人は何を求めてるの?」と質問し、「日本人は小顔になりたい」というニーズに辿り着きます。フランスではあまり聞かない要望について調べてみるとアジア人は西洋人より骨格的に頰周りに脂肪がつきやすく脂肪がつけば、水分や老廃物も溜りやすく、むくみに繋がる。この悩みを化粧品で解決しようと研究を始めて製品化、今もアジア地域を中心に圧倒的な人気を誇っています。ジャック氏は、創業時からスパの技法や使用する製品につき必ず感想を聞き改良を重ねました。製品にお客さまカードをつけてコメントを集めたのも、クラランスが最初だそう。店頭での丁寧なカウンセリング、豊富なサンプルも特徴的で現在も各国で集まった声は、すべて本国に報告しています。数々の名品は、対話から生み出された結晶なのです。

左から:頰周りの脂肪を支え引き締め。重力に負けない肌へ。V コントア セラム 50g ¥11,000、「目を大きくスッキリさせたい」というニーズをキャッチし目元のむくみに特化したセラムがシリーズに仲間入り。グラン アイ セラム V 15ml ¥7,480、1978年「時間を巻き戻す」をコンセプトに初代が誕生。ハリと弾力を取り戻すためのエイジングケアクリーム。ファーミング EX ナイト クリーム SP オールスキン 50g ¥13,200

1号店はパリのトロンシェ通りに。整肌から痩身までオールハンド施術に女優やセレブにも多くのファンが。

※美ST7月号に掲載の金額は改訂前のものとなります。こちらが正しいものとなります。
本ページ掲載商品のお問合わせ先はすべてクラランスです。

2023年『美ST』7月号掲載
撮影/吉田健一 取材/大山真理子 編集/浜野彩希

FEATURE

MAGAZINE

一生元気に!自愛ビューティ

「美の医療センター」と呼ばれた大人気スパから生まれたコスメブランドとは?

2024年7月号

2024年5月16日発売

FOLLOW US

HOT WORDS

PRESENT & EVENT