SKINCARE

2024年も流行る!美容ジャーナリストが注目する【時間が巻き戻る!?】と話題のコスメ

美ST世代にとっての「時短」は、価格に関係なく、効果や実感が早くはっきり自覚できること。またスキンケアの数が増えていくなかで、1本で何役もやってくれるなら、さらに良し!そんな「リッチタイパ」の代表格は、サイエンスをぎゅうっと盛り込んだ美容液です。新作から名品まで厳選しました。

新作は、キメ・ハリ・透明感の三位一体+得意技がすごい!得意技で選べば肌全体が底上げされる

1:クレ・ド・ポー ボーテ/セラムラフェルミサンS n

【抗重力アプローチ】最新たるみ知見を、全部つめこんだハリ美容液
複数のたるみ最新知見に着目。中でも肌を上向きに支える立毛筋へのアプローチが斬新。 40g ¥36,300(クレ・ド・ポー ボーテ)

キメ…ハリ肌と肌のキメが整い滑らかであることの関係性を解析し、スキンタイトニングベース配合。
ハリ…うぶ毛の毛包の根元にある「立毛筋」の加齢による衰えを抑制して、上向きの肌に。
透明感…ビタミンE誘導体、セイヨウサンザシエキス配合で血流を促し透明感を。

HOW TO>
塗布後に肌表面を軽く引き上げて肌を支える立毛筋を鍛えるエクササイズを。

2:アルビオン/アンフィネス アップサージ ソリューション BN

【即効ハリアップ】美容鍼発想メカニズムで、即効的なハリを生み出す
キメが整いハリと透明感のある肌に。5つのアミノ酸を結合した高機能ペプチドのOSK9配合。40ml ¥11,000(アルビオン)

キメ…オウレン根エキス配合。バリア機能が高まり、角層が潤い、整ったキメへ。
ハリ…美容鍼発想のメカニズムとハリ特化型美容成分OSK9配合。2つのアプローチで即効的なハリを生み出す。
透明感…ハリが出てキメがふっくら整うことで表皮反射光が増える。

<HOW TO>
顔の中心から外側に引き上げるように馴染ませるのが効果的。

3:メナード/薬用ラインズリセット

【シワ改善】シワの悩み、ハリ・弾力の低下の悩みを同時に解決
新シワ改善有効成分によるシワ対策に加え、顔全体のハリやキメ・透明感のケアが可能。[医薬部外品]45ml ¥22,000(メナード)

キメ…構造型コラーゲン等の保湿成分で潤いを与え、油性成分で閉じ込め、キメを整える。
ハリ…新シワ改善有効成分のVEP-Mが厚みのある膜感が引き上がるようなハリ感をもたらす。
透明感…コラーゲン2種、ヒアルロン酸などの保湿成分が潤いと透明感を。

<HOW TO>
化粧水の後に。シワや乾燥の気になる部分に重ねづけ。

4:トワニー/スキンオーラジェニック

【肌痩せ解決】40年以上のヒアルロン酸研究で、美しい表皮を追究
表皮ヒアルロン酸の産生を促す独自開発成分NAG2.0が健全な表皮を作る。30ml ¥16,500(カネボウ化粧品)

キメ…独自開発成分NAG2.0配合と「うるおい成分」「なめらかオイル」でキメを整える。
ハリ…NAG2.0によって、より表皮を厚くし、真皮乳頭層のコラーゲン線維の状態を改善。
透明感…表皮の菲薄化による皮膚深部からの光が減って、透明感が薄まる状態を、NAG2.0の働きにより改善。

<HOW TO>
化粧水の後、2回押し分を手のひらで顔全体に。

5:エスト/セラム ワン アドバンスド

【血流アップ】高濃度炭酸で、血流をアップさせることが美肌の基
高濃度炭酸の力でハリ、シワ改善、シミ予防にアプローチして肌を活性化。[医薬部外品]90g ¥13,200(花王)

キメ…キメを整えるには肌の細胞に栄養分を届ける血流が重要。高濃度炭酸、ヒバマタエキス、フカツセラツエキスが効果を。
ハリ…血流促進のみならず真皮の線維芽細胞も活性化。
透明感…透明感も血流促進から。ナイアシンアミド、高濃度炭酸、ニンジンエキス等でアプローチ。

<HOW TO>
洗顔後に。泡をつぶさないように5点置きしてからスタート。

6:SHISEIDO/アルティミューンTM パワライジングコンセントレートⅢn

【美肌リズム調整】美肌免疫リズムを整えて、熟睡肌が実現
免疫、血流に加え新たに生体リズムに働きかける。厳選された18種の美容成分配合。50ml¥13,200〈編集部調べ〉(SHISEIDO)

キメ…バリア機能を改善するアクアインプール、メラトニン合成促進するイミューリズム配合でキメを整える。
ハリ…NK細胞を活性化する発酵ハイビスカスエキス、コラーゲンを産生するブルガリアンローズ水を配合。
透明感…NMF産生、ヒアルロン酸を産生する成分配合で透明感を。

<HOW TO>
化粧水の後、2回押し分を顔全体に。

▶︎リッチタイパ美容液って何?
肌への自己投資です。現在の美容液は、再生医療や神経科学からも着想を得て、化粧品ができることの限界に挑戦しています。だから選ぶ側の選択力が問われます。試してみたい新成分や新理論を選ぶ、肌に足りないものを補えそうなものを優先するなど、絶対的に自分主体で。高額だと思っても、投資に対して満足できるリターンが感じられれば、結果的に「タイパ」になるのだと思います。


▶︎美ST世代の肌は美容液が作ってきた
最初の肌の衰えを感じる20代半ばに「美容液が来た!」という経験をしたのが、60代の姉美ST世代。目的別でわかりやすく、今までと明らかに違う〝時間を取り戻す方法〟だとブームになりました。「日々のお手入れにサイエンスを持ち込んだ」アイテムが美容液。どのような肌を目指すのかというゴールが明確になり、機能を追究する時代に。こうして当初は保湿を主としていた美容液は、進化形として、美白、アンチエイジング分野へ。プレ美容液に代表されるように、普段のケアに1本プラスすればいいという利便性も人気拡大の理由です。


▶︎今、使うべき最新リッチタイパ美容液とは?
コロナ禍で自分の顔に向き合う時間が増え、私たちは自分のリアルな肌問題に気づきました。それに応えるものを、というメーカーの研究の結果が新製品として出てきているのだと思います。オンラインに映る顔を客観的に見て、思ったより老けて見えることに気づいた人も多いのでは? そこでシワはもちろん、たるみの根源を探る挑戦、エイジングを加速させるもの、老化物質の排除のメカニズムなど、各メーカーが得意分野からの最新知見をぶつけてきていて、美容液を巡る世界はますます科学の深いところに進んでいるのが現状です。


▶︎リッチタイパ美容液が必要な理由
1:肌の複合的な悩みを1本で解決できる
2:得意技に加えエイジングケアレベルがアップ
3:肌応えを早く感じられる

教えてくれたのは

渡辺佳子さん 美容ジャーナリスト

欧州留学を経て美容記事黎明期の1986年より美容に携わり、化粧品の歴史を含め豊富な知識を持つ。

2023年『美ST』12月号掲載
撮影/河野 望〈静物〉取材/大佛摩紀、大山真理子、稲益智恵子 編集/石原晶子

FEATURE

MAGAZINE

一生元気に!自愛ビューティ

2024年も流行る!美容ジャーナリストが注目する【時間が巻き戻る!?】と話題のコスメ

2024年4月号

2024年2月17日発売

FOLLOW US

HOT WORDS

PRESENT & EVENT

Topics今、スキンケアで注意すべきこと