SKINCARE

【2週間で47歳の目元のシワが解消!】敏感肌でも安心のアイクリームとは

2022年下半期ベストコスメシワ賞受賞のアイゾーンクリームを40代読者が2週間試しました!エイジングでくぼんだ目周りの変化は?塗り方のポイントは?メーカーの方にクリームの魅力や込めた思いを伺いました。ビフォーアフターもチェックです!

【シワ賞第1位】POLA/B.A アイゾーン クリーム

印象を左右する目元を全方位ケア!表情までも豊かに
コクのあるテクスチャーで瞬時に肌に溶け込み、ストレッチするように立体的なヴェールを形成。潤いによるハリ感とツヤによるボリューム感で生命感あふれる目元を叶え、表情までイキイキと輝かせます。26g ¥19,800(ポーラ)

2週間使ってみました▶︎▶︎

敏感肌にも安心の使用感、使った翌日は目がぱっちり開けやすく感じました。目周りがふっくらして、目の下のスジ状のくぼみと赤み、目尻の小ジワも目立たなくなりました。

目元の6点に置いて、目頭からこめかみに向かって目尻を引き上げるようアイゾーンに優しく伸ばします。馴染ませたら記憶させるよう、こめかみで3秒キープ。

肌が敏感なので、コスメ選びも慎重に。他ブランドのアイクリームは使っていたけれど、目元のシワとくぼみは解消されず、年齢のせいだと諦めていました。

眼輪筋にアプローチして目元の美しさを引き立てる

「目のまわりに存在する『眼輪筋』と『目元の印象』について業界に先駆けて研究して参りました。今回新たに、眼輪筋の〝筋力〟が加齢やまぶたを重いと感じることに関連していることを見いだし、これまでの〝量〟に対するアプローチに加え〝質〟を追求することで、生命感あふれる目元を目指しました。眼輪筋の内部構造を調べたところ、加齢によって眼輪筋の線維化が起きていることを発見。再生医療から着想を得た線維構造の分解と新生を促すアプローチで、目元のハリや立体感、さらには透明感と、印象ゾーンの可能性へ挑み続けます。新しいライフスタイルで目元悩みを実感している多くの方に、ぜひお試しいただきたいです。」

こちらの記事もおすすめ

2023年『美ST』2月号掲載
撮影/和佐田美奈子<人物>、五十嵐 洋<静物> ヘア・メーク/野田みなよ(六本木美容室) 取材/中井川桂子 編集/小澤博子

FEATURE

MAGAZINE

一生元気に!自愛ビューティ

【2週間で47歳の目元のシワが解消!】敏感肌でも安心のアイクリームとは

2024年8月号

2024年6月17日発売

FOLLOW US

HOT WORDS

PRESENT & EVENT