SKINCARE

【シミ・たるみに効く】初心者でも挑戦しやすい美容医療って?

Dr.ウサコの美容医療特集、20周年記念!ウサコが感じた美容医療の新ルールをまとめました。レチノールの効果的な使い方とは?たるみが気になるけれど糸リフトはハードルが高い人におすすめの治療は?継続して行いたい、美肌の基本をご紹介します。

レチノールとAHAこそ美肌の基本

レチノールとAHAのコンビが最強の若返り美肌成分!とNYのドクターが熱く語っていたのを少し前に読んでから「やっぱり!」という言葉が頭をグルグル。どちらかではなく両方使いが大切でレチノール、AHA歴23年以上の美女医の肌を見たとき、雷が落ちたような衝撃が。

レチノールブームの火付け役・ゼオスキンは、スケジュール調整しながらデイリーケアに組み込んで使いこなせれば上級者。ミックスピールプラスはミックスピールを更に濃度アップしたもの。光治療と組み合わせて行うのも◎。

美STライター中田・編集小澤もゼオスキンに挑戦しました!初めはA反応に四苦八苦したようですが、乗り越えれば明るい艶肌が出現します。小澤は数カ月に1回、ARナイトリペアを投入し、くすみ、小ジワ、シミケアを現在も継続中です。

▶︎▶︎シミ取りすら要らなくなるかも

光治療でもピコでも完敗!な薄いシミがレチノールやAHAで消えることも。日々のレチノールケアやピーリング治療はシミを作らない、作らせない肌に導きます。光治療のあの痛みが苦手な人はレチノールを味方につけて!

肌に活を入れるなら、熱か穴

高周波やハイフや光治療で熱を与える、ダーマペンで穴をあける。肌がヨレヨレしたら試してみたい二つのチョイス。そしてドラッグデリバリーシステム、さて何を入れ込むかも重要ポイント。無理のない範囲の熱、穴治療は継続も大切です。

ダーマペン旋風が加速するのは確実に肌が綺麗になっているから。熱を与えながら穴をあけるマシンで肌が悪化した人が、過去にはたくさんいました。ダーマペンは穴だけなので、リスクが少なく有効成分が確実に届けられます。

糸ブームはわかっているけれどハードル高すぎ!と感じる方にはハイフでたるみ予防を。しかしながらハイフも痛すぎて無理な方々、実はたくさんいます。ハイフが無理なら高周波にするなど痛みの種類を変えてみるのも◎。

こちらの記事もおすすめ!

2022年10月号
撮影/オノデラカズオ、清水ちえみ、中林 香、楠 聖子 取材/Dr.ウサコ、兵藤美香 編集/小澤博子

FEATURE

MAGAZINE

一生元気に!自愛ビューティ

【シミ・たるみに効く】初心者でも挑戦しやすい美容医療って?

2024年4月号

2024年2月17日発売

FOLLOW US

HOT WORDS

PRESENT & EVENT

Topics今、スキンケアで注意すべきこと