【太陽が大好きだけど色白肌】の40歳美魔女が実践する週末&毎日スキンケア

太陽が大好きな人にとって、色白肌を保つのは至難の業?いいえ、そんなことはありません。美魔女の深沢朱音さんも太陽好きの1人ですが、くすみ知らずの肌の持ち主。普段はコスパ、週末しっかりの緩急美白で透明肌をキープしていました。

太陽大好き♡デイリーはコスパ、週末攻め美容で曇りのない肌に

教えてくれたのは……TEAM美魔女/フリーアナウンサー・深沢朱音さん 40歳
私にとって肌の調子=メンタルの調子。肌が揺らぎそうな時は放置せず、すぐに保湿し、睡眠をとり、サプリメントを多めに摂り、クリニックに行くなど対処。太陽を楽しみたいので白さよりもキメが整ってメーク映えする肌が理想です。肌は強いので攻めのケアも好き。LOOK FANTASTICなどの海外コスメサイトでビビッときたコスメを取り寄せ、トライ&エラーを繰り返しながら自分に合ったものを見つけています。
《Profile》
コンテストを機に10kg絞り3児の母とは思えないほどの抜群のスタイルと美肌に。高校駅伝大会では神奈川県4位の元陸上女子。

1:週末スペシャルケアは強めの効果で攻めます

時間がある週末にはハイドロキノン入りのゼオスキンやトレチノイン入りのBIHAKUEN、ピーリング効果があるthe Ordinaryを。使った後はしっかり保湿することが大事です。

2:サプリメントは成分を厳選して愛飲

流行のものも取り入れたくなりますが、美容成分や原料に詳しい夫からのアドバイスに従い、トランシーノ、チョコラBB、タケダのビタミンCの3種を飲んでいます。

3:顔も体もローションから始まる保湿重視のケア

高濃度ビタミンCがたっぷり含まれたクオリティファーストのローションは全身に使えるプチプラ価格。顔にもボディにもたっぷり使い、ワセリンやグリセリンで蓋を。

4:しっかり防御した上で太陽光を享受します

石澤研究所の「冷たいUVスプレー」は押し当てて噴射するタイプで、手が汚れず気軽に重ねづけ。ウォータープルーフなのに1歳から使えて石鹸でオフできる優れものです。

5:シミが気になると間髪いれずサブスクレーザー

紫外線を大量に浴びた後やシミが気になったらすぐに錦糸町レーザークリニックに駆け込みます。1カ月定額なので月1~4回通い現在はほぼ薄くなりました。
錦糸町レーザークリニック
症状に合わせて医師が通院プランを作成するレーザーカスタマイズ プラン 1カ月¥51,700
東京都墨田区錦糸1-7-15 T'zビル錦糸町3F TEL:03-6450-3129 (診)10:00~12:50、15:00~18:00(土~16:00、日は要予約)㊡火・木・日

こちらの記事もおすすめ



2022年『美ST』5月号掲載
撮影/オノデラカズオ ヘア・メーク/Sai 取材/中田ゆき 編集/漢那美由紀