虫歯ゼロ! 【神戸蘭子さん】が歯科医師の父から学んだ「歯のケア」レッスン

ビューティモデルこそ歯が命!美STモデルは顔のアップが多いから、スキンケア同様オーラルケアにも抜かりがありません。お父様は歯科医師という神戸蘭子さんは、子供の頃に仕込まれたフロスで丁寧なオーラルケア。「どんなケアアイテムがいいの?」「どう使えばいい?」を教えてもらいました。

【神戸蘭子さん】子供の頃から歯科医師の父に毎日歯のレッスンを受けました

父が歯科医師なので、物心ついた時から歯のケアを徹底的に仕込まれました。おかげで今までの人生、一度も虫歯になったことがありません。フロスも歯間ブラシも子供の頃から当たり前に使っていたし、今も帰省時に父にクリー ニングしてもらいます。まさに歯医者さんいらず。次は私が息子たちに歯のケアを教えてあげる番。毎日、仕上げ磨きに格闘しています。トップス¥27,500(ソブ/フィルム)リング¥19,800 ピアス¥13,200(ともにトルクアータ/ゴンドア本店)

フロスは口を大きく開ければカンタン!

\子供の頃に仕込まれたフロス使いはプロ並み/

デンタルフロスも小さい頃から毎日使用。特に奥歯は難しいと思いがちですが、フロスを短く持って、とにかく思いっきり口を開ける!慣れればコツが分かって簡単にできます。

歯ブラシは実家から送ってもらったものを

今でも帰省すると親から「歯磨きした?」とチェックされます。オーラルケアグッズは定期的に送られてくるのでそれを使用。歯磨きは3〜5分、1本ずつ丁寧に。舌磨きもします。

歯と歯の間は専用のツールが必須です

立体的で隙間だらけの歯は歯ブラシだけでは磨き残しが出てしまうので、歯間ブラシを毎回使います。フロスも、Y字タイプやミニマムサイズのものはお出かけ時に持ち歩きます。

こちらの記事もおすすめ!



2022年『美ST』5月号掲載
モデル/神戸蘭子 撮影/千葉タイチ ヘア・メーク/陶山恵実(ROI) スタイリスト/菊地ゆか 取材/佐藤理保子 編集/千田真弓
PICK UP
注目記事