イケメンバレエダンサー「プロポーズは姫の魔法を解く投げキッスのあとで」

「諦めないで良かった。世の中にはまだこんな素敵な人が残っていたなんて!」そう思わせてくれるミス美魔女のお相手に相応しい、素敵な独身男子たち。理想のプロポーズをご本人に再現してもらう、誌面で人気の連載です。

バレエダンサーの僕が本気で踊る『眠れる森の美女』投げキッスで目覚めさせるようにドキッとさせたい

柄本 弾さん 32歳
「バレエをやりたい!」と母に頼んだのは5歳のとき。現在バレエダンサーの兄と元宝塚の姉の稽古に付いていき練習風景を見学していて思いました。でも小中まではバレエも習いつつ、野球、水泳、バレーボール、バスケといろんなスポーツに興味があり同時に習っていました。そんな僕ですが、高1のとき同年代の男子の踊りに触発されてバレエに本気スイッチが入りました(笑)。そして現在は東京バレエ団に入団し15年目。プリンシパルとして皆を引っ張っていく役目も担っています。バレエの魅力は作品が数多くあり、物語を踊りとマイムで表現し、お客様に感動を与えられるところ。

僕にも周りの人にも言葉使いが綺麗で、上品なイメージのある女性に惹かれます。そんな方が現れたら、「世界三大バレエのひとつの『眠れる森の美女』の練習を見に来てくれる?」と誘います。『眠れる森の美女』は女の子なら誰でも憧れるおとぎ話。彼女のために本番さながらに気持ちを込めて踊ります。オーロラ姫が100年の眠りの魔法から解けるクライマックスに差し掛かり、彼女が話の世界に吸い込まれうっとりしているとき、僕は彼女に向かって投げキッス。その手のひらには指輪が。そして「僕と結婚してください」とプロポーズ。僕のサプライズの告白にびっくりして、王子のキスで目覚める姫のように夢から現実に呼び戻され、心を躍らせながら「うん」と頷いてくれたら幸せです。

結婚は金銭感覚や価値観が近い女性だと安心できて上手くいくと思うんです。結婚したら休みの日には得意料理を作ってあげたいな。でも片付けはちょっと苦手。そこはちょっと助けてほしいかな(笑)。
《Profile》
職業:バレエダンサー(東京バレエ団プリンシパル)
身長 184cm
体脂肪率 10%
天秤座 O型
趣味:スポーツ全般、料理、ドライブ
モットー:感謝
好きなタイプの有名人:国仲涼子
家族構成:一人暮らし、父、母、既婚の兄・姉あり
結婚歴:あり

バレエダンサーとしてお客様の拍手に力をもらってます

『ボレロ』を踊ることを許された、現在唯一の日本人男性ダンサーです。7/25〜8/4の東京バレエ団「HOPE JAPAN 2022」の公演中、4都市で『ボレロ』を踊る予定。(写真/松橋晶子)

スポーツはストレス発散、体のリフレッシュになります

NHK Eテレ「旅するフランス語」に出演時、初めてラグビーに挑戦。2回目のキックでゴールポストへ!の快挙。水泳は4泳法泳げますが今は水の中でのんびりが好き。

自分で作った料理でおうちご飯がほっとします

コロナ禍で外出が制限され、家で食事を作るように。体づくり、栄養面でのメニューを考えるのも好き。子供の頃、家ではだし巻き卵係だったので得意料理のひとつです。

職業柄、肌のコンディションに気をつけています

知人から勧められ韓国コスメのエルツティンを使用。保湿のために早めのケアをするように。シャワーヘッドはReFa。ミストは顔、ジェットは髪にと手放せないです。

柄本さんが出演する公演も要チェック!

柄本さんが主演を務めるバレエ『ラ・バヤデール』が上野の東京文化会館で公演されます。柄本さんの出演日は10/12(水)と10/16(日)です。ぜひ足をお運びください。

詳細は下記から。
https://www.nbs.or.jp/stages/2022/labayadere/index.html


こちらの記事もおすすめ



2022年『美ST』9月号掲載
撮影/大瀬智和 ヘア・メーク/ミッチー〈NATURA〉 取材/臼井典子 編集/桐野安子
PICK UP
注目記事