【元宝塚・珠城りょうさん】素肌の美しさが際立つメイクの秘訣は

退団後もさまざまなフィールドで活躍し、輝き続ける宝塚OG。その美しさの秘密を、宝塚仕込みの〝素化粧〟から紐解きます。第1回は、元月組トップスター・珠城りょうさん。宝塚時代は素化粧も常に男役を意識していたそうです。

徹底した素肌のケアでよりナチュラルな自分を引き出します

教えてくれたのは……珠城りょうさん
「宝塚時代は素化粧も常に男役を意識。私は目が丸くてまつ毛が長いので、ビューラーを使わずアイラインとマスカラだけでシャープに仕上げていました。在団中から大切にしているのは、ファンデーションでカバーするより素肌を健やかに保つこと。その日の肌状態に合わせて化粧水を変えたり、クリームは必ず。なにより保湿には気を遣っています」

白ニットトップス ¥113,300、グレーネックレス ¥38,500(ともにペセリコ/ウールン商会)
《Profile》
愛知県出身。中学生の頃、新聞のチラシで見つけた宝塚観劇バスツアーで月組公演『長い春の果てに』を観て一気にハマり、2008年宝塚歌劇団に94期として入団。月組公演『ME AND MY GIRL』で初舞台。その後、月組に配属。当初より華やかなルックスが注目を集め、2016年、歴代2番目の速さで月組トップスターに就任。『エリザベート』のトート役など数々の作品に出演し、2021年退団。現在は舞台、映像と活躍の幅を広げ、今年4〜6月に放映された日曜劇場『マイファミリー』(TBS系)出演も大きな話題に。
▶︎素化粧って何?
舞台化粧に対してオフのメークを差す宝塚用語で、いわば究極のナチュラルメーク。宝塚音楽学校の本科生(2年目)から稽古場に行く際も素化粧が必須となり、自分でメークのテクニックを学んでいく。

珠城りょうさんの素化粧の愛用品は?

左から、ハニーラスターr 25 レオニダス ¥2,860(ハニーロア)、UV イデア XL プロテクショントーンアップ ローズ SPF50+/PA++++ 30ml ¥3,740(ラ ロッシュ ポゼ)、「シートに厚みがあって保湿力がすごい。撮影前日は必ず使います」アビブ pHフェイスマスク ¥330〈編集部調べ〉(インターナショナルコスメティックス)、「お風呂でもコロコロマッサージしてます」ReFaアクティブフィット ¥26,180(MTG)
「紫外線をきっちりカットしてくれて、白浮きせずどんなファンデーションとも相性がいいので、宝塚時代からずっと使っています。のびがよいので少量でも十分」
「もともと唇の血色がいいので、リップはほんのり色づくグロスを。ハチミツ美容液入りでぷるんとした唇になるので一目惚れ。絶妙な色味で何本もリピートしています」

こちらの記事もおすすめ



2022年『美ST』10月号掲載
撮影/寺田茉布(LOVABLE)〈人物〉 ヘア・メーク/河上智美(rouxda) スタイリスト/久保コウヘイ 取材/稲益智恵子 取材協力/味澤彩子 編集/石原晶子
PICK UP
注目記事