【2022下半期ベスコス】最強マスカラ&パウダーを使ったヘルシーメイク

2022年下半期ベストコスメ、脇役ベース賞を受賞したコスメデコルテの「AQ オーラ リフレクター 02」とアイパワー賞を受賞したランコムの「イプノ ドールアイ ウォータープルーフ N」。今回は最強コスメ2点を使った作り込み過ぎない洗練メイクをご紹介します。ヘア・メークアップアーティスト、岡野瑞恵さんによるワンポイントアドバイスも必見!

旬コスメによる細部への気配りが大人メークに品性を醸し出す

目周りや肌の細部に最新コスメのテクニックを投入すれば、周囲に作為のあとを感じさせることなく、顔印象をフレッシュに格上げできます。ニット¥24,200(COEL)ピアス¥19,800(ete)人差し指リング¥12,100 中指リング¥9,900(ともにJouete)

【脇役ベース賞1位】DECORTÉ/AQ オーラ リフレクター 02

ひと手間で歴然の差が! フェイスパウダーの必要性を実感
しっとりなめらかなパウダーが肌にふんわり溶け込みフィット。6色のパウダーが混ざり合い透明感やカバー、リフトアップ効果などを発揮。パフとブラシを好みで使い分けて。10g ¥11,000※パフ、ブラシ付き(コスメデコルテ)

【アイパワー賞】LANCÔME/イプノ ドールアイ ウォーター プルーフ N

カール、長さ、ボリュームとキープ力、全てを繊細に満たし目元印象UP
マスカラ界を牽引するランコムの最新作は、セパレートドールアイ、ウォータープルーフとマスク時代のニーズを網羅。精密で扱いやすい円錐形ブラシが細かい毛も逃さず捉え、まつ毛を長く美しく、繊細に整えます。¥4,400(ランコム)

How To▶︎▶︎

白く明るい上質パウダーは、少量塗るのがキレイ。パウダーをパフにとったら、そのままつけず手の甲に馴染ませて量を調節すると失敗しません。
全顔ではなく、マスクをつけた時に明るく見せたいTゾーンや目の下などのポイントにのせると効果的。自然な透明感が増し凹凸を整える役割も。
まつ毛の根元にブラシを押し当てたらジグザグさせずブラシをスッと上へアップ。先端を上手に使えば目頭や目尻、下まつ毛も漏れなくキャッチ。

ポイント▶︎▶︎どちらも少量で効果あり! アイテムの実力に頼って

ヘア・メークアップアーティスト 岡野瑞恵さん
白さと透明感を与えるパウダーを大人が取り入れるなら、ポイント使いがオススメ。高い部分に塗るだけで肌全体がクリアになり、各パーツがはっきり整います。マスカラは何度も重ねづけしなくても、まつ毛に沿ってスッと持ち上げるだけでセパレート。まつ毛が扇状に広がって3Dになるから、わざとらしさもなく、目が大きく見えます。

こちらの記事もおすすめ



2023年『美ST』2月号掲載
撮影/三瓶康友〈人物〉、大原敏政、Youjin Lee(ともにaosora)、五十嵐 洋〈静物〉 モデル/SHIHO ヘア・メーク/岡野瑞恵(STORM) スタイリスト/竹下佳寿子 取材/森島千鶴子、中井川桂子、大山真理子 編集/漢那美由紀、小澤博子