今春大豊作!40代が使うべきアイシャドウは【くすみ知らず】カラフルアイシャドウ

今春は華やかな色みのカラフルアイシャドウが多数登場。大人には難しいアイテムと敬遠しがちですが、実はまぶたのくすみを晴らしてクリアな目元を叶えてくれる優れもの。パウダー+練りの異素材コンビを選んで晴れやかな目元にチェンジ!

カラフルシャドウで目指すべきは「塗っていると気づかせない」仕上がり

難度の高そうなブライトカラーのシャドウは、品格を感じさせるベージュグラデをベースに展開。色みを前面に出さず、ほのかなグリーンを醸せば、大人のまぶたをさりげなくアップデートできます。

練りタイプなら発色自然

上、パウダーを重ねるとくすみやすいので練りタイプが正解。リップやチークにも。インフィニトリー カラー EX09 シーグリーン ¥3,200[限定発売](セルヴォーク)下、しっとり上質パウダーと絶妙な5色を誂えたオレンジパレット。自在な組合わせで旬顔が叶う〝今年の顔〟的な逸品。イプノパレット 11¥6,800(ランコム)

How to Make

① 温かみあるベージュで目まわりに光を差して
Aをアイホール全体にチップで伸ばし広げる。下まぶたにもきわに沿ってふわっとのせ、コンサバで柔らかい表情の目元に整えます。
② 濃いめブラウンで目元をキリッと端正に
二重幅に濃茶色のBを入れて目元を引き締めて。①からのブラウングラデで上品できちんと感のある大人のまぶたを完成させます。
③ まぶたに指塗りで軽快なグリーンヴェール
グリーンカラーをアイホールの半分程度まで指で塗り広げて。清明なグリーンのニュアンスでベージュグラデが一気に春モードに。
教えてくれたのは……ヘア・メークアップ アーティスト 岡田知子さん
TRON所属。さりげないキレイを体現する洗練されたセンスと、コンサバとモードのバランスが絶妙な旬顔メークが人気。オフには国内外へサーフィンの旅に出るアクティブ派。
2020年『美ST』3月号掲載
撮影/中島 洸〈まきうらオフィス〉(人物)、小林美奈子(静物) モデル/松田樹里 ヘア・メーク/岡田知子〈TRON〉 スタイリスト/森川 彩 取材/森島千鶴子 編集/浜野彩希