マインドフルネスでストレス解消!1日を気持ちよく過ごす【朝にやりたい五感美容】9選

朝、1日を穏やかに過ごすために必要なのは、ポジティブに気持ちを高めるアクションをすること。ストレス社会を生き抜くための心のゆとりの持ち方を実践する9つの方法を紹介します。

1:【嗅】自分の周囲に、部屋全体に香りを撒いて浄化します

「朝の目覚めにはナチュラルな香りをひと吹き。その日の気分に合わせてエッセンスを選ぶとシャキッとしてやる気スイッチが入ります」(TEAM美魔女 藤井やよいさん 42歳)
「朝起きた時に部屋にシュッとスプレーすると場の空気が整うような気がします。エタノールフリーで力強く香る天然精油の香りも好き」(美STライター 大山真理子 43歳)

右から、コスメキッチン15周年プロダクト、日本各地の聖なる地のエネルギーと上質な精油をブレンドしたエッセンス。Blessings of Gaia 吉野・天川村は、女性性を高めたい、LOVEが気になる時に。同 久高島は凝り固まってリフレッシュしたいと感じたら。同 富士山は、新しいものを生み出したい時に。ケミカルフリーで植物の恵をそのままに感じられるアースミスト バイ スキンアウェアのモーニング ブルームは空間にもファブリックにも。

2:【嗅】毎朝の祈りと優雅な香りで心穏やかに1日をスタート

「朝の儀式としてもう何十年も続けている毎朝焚くお線香。鳩居堂のさくら、ちとせ、みくまのは天然香料と白檀の上品な香りで心が整います」(モデル 前田ゆかさん 49歳)

3:【嗅】富良野生まれの天然精油で心休まるスキンケアを

「無香料のローションにファーム富田のラベンダーオイルをブレンドして朝のスキンケア。大好きな香りに心癒されて気分が上がります」(TEAM美魔女 津田あずみさん 42歳)

4:【味・嗅】清涼なハーブティーで騒がしい朝にも平常心を

「忙しい朝は精神を安定させる効果があるミントティーで心を落ち着かせます。清涼感のあるほんのりとした甘さも朝にピッタリです」(TEAM美魔女 萩原芳栄さん 48歳)

5:【味・嗅】朝のパワーチャージはコーヒーのアロマから

「朝、挽きたての豆で淹れるコーヒーのふわっとした香りで幸せな気持ちに。スッキリと目覚めてポジティブに1日をスタートできます」(美容研究家 水谷雅子さん 52歳)

6:【聴】アップテンポな爽やかヴォイスで気だるい朝の空気を刷新!

「医療現場の音楽セラピーでも効果があるというモーツァルト。朝は「 オイストラフ」の明快なバイオリンを選んで1日をポジティブに」(美STライター 楠沢順子 57歳)
「踊り出せそうに元気になれるBTSの『MAP OF THE SOUL:7』。澄みきった高音ハーモニーが爽やかな朝にピッタリで気分が上昇!」(美STライター 渡辺美香 56歳)
「大好きなコリーヌのデビューアルバム『Corinne Bailey Rae』は晴れた日曜の朝に聴きたくなります。透明感と軽快さで気分も上々に」(モデル 樹神さん 45歳)
「『ALOHA HEAVEN』を聴くと大好きなハワイの爽やかな朝の記憶が蘇り、心身がリラックス。大自然の中で優しく心に響いているよう」(TEAM美魔女 和田ゆうこさん 46歳)
「忙しい朝をゆったり気分にするのにレゲエはベストチョイス。ジャネット・ケイの『LOVIN’YOU~BEST OF JK』が落ち着きます」(美STライター 中井川桂子 52歳)

朝は覚醒させるアイテムで感覚を研ぎ澄ませて

1日のスタートを切る朝は交感神経を優位にして活動スイッチを入れたいもの。朝の光を全身に浴びることでセロトニンが分泌され脳が覚醒して心が安定、やる気や集中力が向上します。また、自分が心地よくなれる朝のルーティンも1日を心穏やかに過ごせるポイント。アップテンポな音楽で軽く運動したり、香りの力で気分を高揚させたり、朝の儀式を習慣にすると効果的。特に上質な精油の香りは脳へダイレクトに働いて有効性を発揮します。
教えてくれたのは……精神科医 奥田弘美先生
精神科医・産業医として現役世代のメンタルを日々サポート。マインドフルネスやストレスケアをテーマとした講演・執筆活動も行っている。
2020年『美ST』12月号掲載
撮影/中西真基(人物)、尾島翔太(静物) ヘア・メーク/Sai 取材/森島千鶴子 編集/漢那美由紀