日本は美容大国!世界一を誇る【日本代表コスメ】BEST7

今、世界で注目されているのが日本の美容、J-Beauty。実は世界に誇るナンバーワンがいっぱいなのです。日本の技術力の結晶ともいえるメイドインジャパンのコスメや美容を紹介します。

1:シワの原因を発見、渾身の開発技術からさらに進化したリンクルショット

「好中球エラスターゼ」がシワの原因となることを発見、それを抑制する独自有効成分「ニールワン」を開発。そこから生まれたのがシワの名品、リンクルショットです。傷を治すメカニズムに着目しリニューアル。ポーラ リンクルショット メディカルセラム[医薬部外品]¥13,500(ポーラ)
シワの改善力と傷の回復実感の関係に着目し、傷の治癒に欠かせない体組織「コンドロイチン硫酸」にフォーカスして進化。画像は皮膚断面のコンドロイチン硫酸染色像(ポーラ化成工業 研究所調べ)。

2:SNSでバズった!世界初の天然微細針配合ファンデーション

メークしながらエイジングケアできる独自特許製法の天然微細針「イノスピキュール」が投入され、使うほどにフェイスラインがスッキリ整うと2020年6月の発売と同時に大ブレイク。Yahoo! 検索大賞2020 コスメ部門賞にも。V3 exciting foundation ¥8,000(CHARIS&Co.)
イノスピキュールは、天然の海綿を13段階の特許製法で有機物を残さずに丁寧に精製し、純度も高いので安心。

3:世界初のアプローチ!マスクにつきにくいBBファンデーション

コロナ禍のマスク生活で消費者から寄せられた「マスクにつかないツヤ肌ファンデ」というリクエストに応じて急ピッチで開発された世界初の成分アプローチによるBBファンデ。マキアージュ ドラマティック ヌードジェリーBB ¥2,800(マキアージュ)
ネット構造のぷにぷにジェリーコートが肌を包み込み、カバーしながらツヤ肌を演出。ぴったりフィットで肌につきにくく。

4:「独身の日」1日で30億4千万円の売り上げ!世界的人気の美顔器

高級美顔器の走り、Dr. Arrivoが爆売れ。写真はMiss Arrivoシリーズの最上位機種。顔の隅々までトリートメントできる小型ヘッド〝3DMovable Head〟を搭載。使いやすさと優しい使用感は特筆もの。ミスアリーヴォ ザ レイス ¥140,000(ARTISTIC & Co.)
複数の効果を同時に実現する独自技術の電気パルス「UP」と「MFIP」機能搭載。美容成分を肌に補給し、深部まで優しく温め、さらに筋肉を動かしてくれます。

5:非日常の極楽へ誘う史上例を見ない豪華なエステルーム

サロン専売化粧品メーカー「リズム」初の直営エステサロン。静脈認証による扉の開閉、全室にイタリア製のウォーターベッドを設置するなど、絢爛豪華な内装が話題。美の可能性を無限大に広げてくれる夢の空間です。https://rbn-salon.com/index.html
メスのいらない整形級パックと話題の炭酸ガスパック。高濃度の炭酸ガスが経皮吸収されてターンオーバーを正常化してくれます。エニシーグローパック 10 回分 ¥18,000【サロン専売品】(リズム)

6:世界初の潤い成分発酵ヒアルロン酸配合長年グローバルでの展開も

従来の5種のヒアルロン酸に加え、日本酒をつくる乳酸菌の発酵から生まれた発酵ヒアルロン酸を世界初配合。浸透型ヒアルロン酸も加わり、美容液級の潤いへ。肌ラボ極潤プレミアムヒアルロン液 ¥900〈編集部調べ〉(ロート製薬)
肌ラボの誕生は2004年、今では世界各地でローカライズされて展開するグローバルブランドに。アジア各国だけでなく、アメリカでも注目。写真は香港で発売されているハダラボシリーズ。

7:世界初搭載のAI技術で約7,000パターンのメーク提案を瞬時に

「コフレドール」がスマホ1つでカウンセリングできる、LINEを活用したデジタルサービス「COFFmi(コフミ)」を開始。メークデジタルカウンセリング機能「コフミチェッカー」で約7,000種類のメーク提案が可能に。カウンターでのタッチアップやカウンセリングが難しくなっている今、活用したいシステムです。
使い方は顔をスマホで撮影し、簡単なアンケートに答えるだけで肌の状態や色、形状などを測定→おすすめアイテムでバーチャルメークにトライ。まずはLINEで「COFFmi」を検索して友達登録を。

こちらの記事もおすすめ



2021年『美ST』3月号掲載
撮影/西崎博哉〈MOUSTACHE〉(人物)、SHINTARO(静物) ヘア・メーク/花村枝美〈MARVEE〉 スタイリスト/秋月洋子 取材/安西繁美 編集/漢那美由紀