大草直子さんが教えます!40代の「春服を着こなすため」の美容法<後篇>

全身の中で占める面積のバランスを考えると、ヘアメークはファッションとリンクさせることも大切。それぞれの足りないところを補いながら、バランスの良いスタイルを目指すと全身で輝けること間違いなし!

大草直子さんが教えます!40代の「春服を着こなすため」の美容法<前篇>はここからチェック!

 

 

肌も麻のシャツと同じ。
夕方になったら自然なシワができるのが当たり前

 

夕方になると服にもシワができて体に馴染んだ状態になるのが自然で美しいのと同様、化粧直しも朝と同じ状態に戻すことは目指しません。一番にプラスするのは香り、次にルミナイザーで肌にツヤ感を与えます。気分をリフレッシュするための歯磨きセットも常に持ち歩いています。

 

 

***

 

ポーチの中身はコスメより身だしなみ

 

化粧ポーチはシャカシャカしたナイロン素材を歴代愛用。唇が荒れがちなので夕方に唇だけはケアをしてからリップを塗り直し。歯磨きはランチの後にも。

A.唇専用のパルス&ヒート機能のある美容機器と美容液。リップルセット¥13,600(MTG)B.唇が荒れがちなのでケアはこまめに。リップ スクラブシャス スウィートバニラ¥2,000(M・A・C)C.歯磨きもオーガニックで。オーガニック 歯磨きセット¥500(ヴェレダ・ジャパン)D.花粉症対策にも。デ・マミエール アルティテュード オイル¥6,000(キャンドルウィック)E.マルチに使えるホワイトパール。rms beauty ルミナイザー¥4,900(アルファネット)F.ハグするほど近い人にしか香らない、パーソナルなパフューム。ビブリオテカ デ バベル パルファム¥16,000(FUEGUIA1833 東京本店)

 

 

***

 

シミやシワが消えることは望まない。
それより使って笑顔になれるコスメを選びます

 

スキンケアは「気分が上がって気持ちや体をリセットしてくれるもの」を基準にセレクトしています。年齢を重ねていくうえで避けられないシワやシミを細々と気にするよりも、いつも笑顔でいられる自分を保つ方が結果として綺麗で健やかに見えると思うからです。

 

 

<朝>

左から、エステで知って以来の愛用品。ペボニア タイムレス リペア ローション¥4,400(ウィズ・アス)、ブースター効果のあるボタニカルオイル。ハス花ブースターセラム¥5,800(BARAKA)、アルコールフリーのナチュラルなつけ心地。ジュリーク ハイドレーティングウォーターエッセンス¥6,900(ジュリーク・ジャパン)

 

 

<夜>

左から、さらっとしたテクスチャーのオイル美容液。AGジーニアスセラム¥8,500(ベアミネラル)、モッチモチの泡立ちでしっとりと汚れを洗い流してくれます。ディアマユコ 洗顔フォーム¥2,400(Dear Mayuko)、フランス産のキャビアエキスを配合。内側からふっくらした肌に。ペボニア タイムレス リペアクリーム¥21,500(ウィズ・アス)

 

 

<マスク>

左から、2種類のヒアルロン酸を配合で肌をしっかりほぐしてくれる。黄ぐすみ防止にも。フェイスマスク ルルルンプレシャスWHITE32枚500㎖ ¥1,600(グライド・エンタープライズ)、パックの肌への密着感が抜群でフェイスラインが整います。ヴィー フェイスマスク5枚入り¥3,204(アンファー)、治療レベルの幹細胞培養技術によって製造。さっぱりとした使い心地で肌にぐっと入り込みます。コスメアカデミア セラムマスク 5枚入り¥9,000(グランセル)、洗顔後の肌を蒸らして柔らかくし、肌本来の働きを呼び覚ましてくれます。ドモホルンリンクル泡の集中パック¥12,000(再春館製薬所)

 

 

***

 

40歳はオイル元年でした。
全身に取り入れてツヤのある日焼け肌に

 

私は無数のシミやそばかすはありますが、肌の柔らかさやツヤ、内側からの健やかさがあると元気に前向きに見える気がします。それを支えてくれるのが40代になって目覚めたオイル美容。色々試してたどり着いた3本です。

左から、ブースターとして洗顔後に使用、リンパの出口と言われているデコルテも同時にマッサージ。EXオイルセラム 15㎖ ¥7,000(SHIGETA Japan)、ゼラニウム、サンダルウッド、シダーウッドの香りが広がりハッピーな気分に。ファミュ アイディアオイル¥6,000(アリエルトレーディング)、とろりとした感触。朝の洗顔後にこのオイルで肌を柔らかく温めてから化粧水をつけると一日中艶やかな肌に。ジュリーク グレイスフル ビューティー ファーミングオイル¥8,500(ジュリーク・ジャパン)

 

 

 

大草直子さんが教えます!40代の「春服を着こなすため」の美容法<前篇>はここからチェック!

2019年『美ST』4月号掲載
撮影/須藤敬一 ヘア・メーク/Chisa(ROI) 取材/安西繁美 編集/佐久間朋子