美女医も愛用【ゼオスキン】はダウンタイムのケアが重要!ピーリングで毛穴レス美肌

マスク生活&おこもり美容で脚光を浴びたピーリング。むき卵のようなツヤ肌になれると美女ドクターたちの支持を集めています。40代美女医はサプリや高保湿美容液を使ってダウンタイムを上手に乗り切っていました。ピーリングに日焼けはNGだから、紫外線が強くなる今が挑戦するチャンスです!

肌本来の力を底上げするゼオスキンでアップデート

教えてくれたのは……ドクタースパ・クリニック 大野淳子先生(42歳)
ゼオスキンは、肌の色素トラブルやメラニンコントロールできるハイドロキノンと、肌老化の原因となる光老化を予防しハリツヤ肌へ肌質を整えるビタミンAの主要な2つの成分で肌の根本的治療ができることが特色。私は約4カ月継続し、2カ月はミラミン、ミラミックスを休止。光老化予防、ツヤ肌維持のため、デイリーPDは継続。夜は数回ナイトリペアを使用するなどエイジングケア重視の使い方に。透明感重視の方にはブライタセラムやCセラムなど、個々の肌質に合わせてできるオーダーメイドスキンケアなので、専門医にカウンセリングし、自分に合ったものを使用することが大切。スキンケアで見た目だけでなく細胞レベルで自ら潤う、真に美しく健やかな肌がゼオスキンで叶います。
ドクタースパ・クリニック
東京都渋谷区恵比寿西2-21-4 代官山Parks 2F ☎︎0120-022-118 https://spacli.com

普通肌の大野先生はゼオスキン

最近はマイルドなラインを愛用中。朝はデイリーPDのみ。夜はジェントルクレンザーで洗顔後、トナー、ミラミン、ミラミックスとナイトリペア混合で使用。定期的にナイトリペアを多くし刺激を与えます。

合わせて使いたい①:ダウンタイムの軽減、回復力を早めるメロンG+

2大活性酸素除去物質であるメロングリソディンとグルタチオンを配合したドクタースパ・クリニックのオリジナルサプリ。飲む日焼け止め効果もあるので日々摂取しています。

合わせて使いたい②:高保湿エッセンスたっぷりのパック

抗菌、抗炎症作用、皮膚の再生などの有効成分が含まれるマスティハ配合のセルロースマスクが肌にピッタリ密着し浸透。赤みや皮むけがひどい時に。氷羽美顔シートマスク

合わせて使いたい③:レチノール配合のリップ美容液

皮膚のターンオーバーを促進させ、色素沈着改善に有効なレチノール配合。唇や口元の小ジワを目立たなくし、プランプ機能でぷっくり唇に。ベイビーリッププランパーR+

合わせて使いたい④:乾燥が気になる時はアクアオイルでカバー

人の皮脂に近いオイルだから肌馴染みがよく、しみないのでゼオスキン中の皮むけ時にも。ピーリングやレーザー治療後の敏感肌にもお勧め。エクリチュール アクアオイル

こちらの記事もおすすめ!



2021年『美ST』1月号掲載
撮影/大瀬智和、中林 香、Yusuke Yamada〈COMPO〉 ヘア・メーク/大山美智、川岸ゆかり、陶山恵実〈ROI〉、庄司愛理・辰巳 彩〈ともに六本木美容室〉 取材/中郷裕美、菊池真理子、兵藤美香、八尾美奈子、渡辺美香 編集/小澤博子、長谷川 智