【40代からの美容医療】2021年最新!今注目を集めている人気美容医療BEST5

マスクで顔が隠れたり、外出自粛で人と会う機会が減ったことで、人気の美容医療にも変化が。ドクターアンケートの結果、引き続き40代50代に注目されている美容医療ベスト5を紹介します。

1:糸(スレッド)

昨年から糸がより定着。マスクのせいで初トライした人が増えた、マシンより効果がハッキリ、追加本数によってはお財布に優しい、など理由はさまざま。ベストは3カ月に1回糸を追加するリタッチスレッドの習慣化。

▼スレッドが気になるならこちらの記事も要チェック!

2:ダーマペン

ダーマペンの流行は衰え知らず!マッサージピールをはじめ、合わせるものはいろいろですが、確実に簡単に、有効成分を入れ込める頼もしさにゾッコン。今年もトップランナーとして独走中。

▼ダーマペンが気になるならこちらの記事も要チェック!

3:注入(フィラー)

ヒアルロン酸やコラーゲンブースターも種類は様々ですが大切なのはドクターの技術力と事故処理能力。ヒアルロン酸は打ってしばらくするとふやけることもあるので入れ過ぎは要注意。

▼注入が気になるならこちらの記事も要チェック!

4:ZOSKIN(ゼオスキン)

2020年から大旋風を巻き起こし中。自宅でクリニックレベルの美肌が手に入るとあってレーザー離れを加速させ美容医療の価値観を塗り替えたほど。コロナ、マスク、皮剥けが重なり流行拡大!

▼ゼオスキンが気になるならこちらの記事も要チェック!

5:HIFU(ハイフ)

たるみはハイフで全員一致。 ウルセラ、ウルトラフォーマー3、ウルトラセルQプラスなどマシンは違えどハイフがたるみ治療には必要不可欠。定期的に継続すればたるみを軽減し肌にハリ感を。

▼HIFUが気になるならこちらの記事も要チェック!



2021年『美ST』3月号掲載
撮影/清水ちえみ 編集/小澤博子