【白髪の真実】抜くのはNG!赤い頭皮は要注意!これ以上白髪を増やさないために知っておきたい10の真実

白髪は治る? 防げる? ちらほら白髪が出始めると気になる疑問を、化粧品会社の「白髪エキスパート」ズバリ! 回答。これ以上増やさないために知っておきたい10の真実が判明しました。

Q1:白髪の原因とは何?一度白髪になるともう黒く戻りませんか?

A:毛根に存在する色素細胞の働きが鈍り、メラニンが作られなくなると白髪に。また、色素細胞のおおもとの色素幹細胞が枯渇しても白髪になります。色素幹細胞が存在する白髪は黒髪に戻る可能性があります(仲西さん)。頭皮の常在菌のバランスが崩れると頭皮環境が悪くなり、白髪につながります。赤い頭皮は要注意(菊地さん)。画像提供:ミルボン

Q2:白髪を抜いたり切ったりするのはOK?抜くと増えますか?

A:根元からハサミで切るのがおすすめです。無理やり抜くと出血などにより、炎症が起こり、さらな る白髪化を促す可能性があります。新しい髪が生えてこなくなる可能性も考えられます(戸田さん)。白髪に限らず、髪を抜くと毛根やその周辺の組織がダメージを受け、髪の成長を阻害される可能性があるのでおすすめしません(仲西さん)。

Q3:白髪をこれ以上増やさないための対策は?

A:色素幹細胞が衰えないように抗酸化ケアを。また、メラニンの働きを活性化させる成分として、ホップ、サンショウ、レイシが有効です(仲西さん)。精神的ストレスの刺激によって産生されるノルアドレナリンが色素幹細胞を枯渇させるという報告があります。ストレスを溜めないことが大事です(戸田さん)。

深部に働きかけて発毛を促進。サブリミック アデノバイタル スカルプ パワーショット[医薬部外品]120ml ¥7,920(資生堂プロフェッショナル)

Q4:紫外線をあびると白髪になりますか?若いころから美白を心がけていた人は白髪が少ない?

A:頭皮に分泌される脂質が、紫外線を浴びると過酸化脂質となり、頭皮を炎症させて白髪が生えやすい状態に。また、紫外線により細胞がダメー ジを受けた結果、白髪につながる可能性も。日傘などで肌への紫外線を防いでいた人は、同時に髪への紫外線も防いでいたので少ないと考えられます(菊地さん)。

Q5:白髪染めをすると白髪が増えるスピードが加速しますか?

A:白髪は黒髪よりも速く伸びることが分かっており、毛周期も通常の毛と異なるとの報告があります。白髪染めとの因果関係はありません(戸田さん)。白髪染め自体で白髪が増えることはありません。ホームカラー剤のすすぎ残しが頭皮の負担になることがあるので、しっかり洗い流しましょう(菊地さん)。

Q6:白髪はなぜ浮いて目立つのですか?白髪がパサついたりうねったりするのはなぜ?

A:白髪は黒髪よりも太く、形状が扁平なので、目立ちやすくなります。さらに、最近の研究で、髪の芯の部分にメデュラの空洞が多くみられる白髪は、透明感がなくなり白髪が目立つことを発見しました。空洞化を埋めるヘアメデュラケアで、白髪が目立ちにくくなります(戸田さん)。画像提供:タカラベルモント
髪の芯を滑らかにケア。ジャグアウト シャンプー 240ml ¥4,180、同トリートメント 200g ¥4,180(ピトレティカ/タカラベルモント)

Q7:肌の色と白髪の多さは関係がありますか?白髪は遺伝?

瞳の中心をぐるっと囲んでいるドーナツ状の部分が虹彩。ここが薄茶色の人は白髪が多く、濃い茶色の人は白髪が少ない傾向。
A:髪の色に関わる色素幹細胞の量や、色素幹細胞がメラニンを作り出す力などは生まれつきの個人差があります。日焼けしても肌が赤く炎症するだけで黒くならない人は、白髪が多い傾向が。目の虹彩の薄い人も白髪が多いです(菊地さん)。遺伝するという報告もありますが明確には判明していません(戸田さん)。

Q8:白髪が1カ所にまとまって生えたり、人によって白髪の生える部位が違うのはなぜ?

A:頭皮の下の筋膜が凝り固まっていると、その部分は血流が悪くなり栄養が行き届かず、白髪が生えやすくなります。頭皮美容液を使うときは、マッサージしながらなじませると効果的。また、頭頂部や分け目に白髪が多いのは、紫外線の影響も考えられるので、日によって分け目を変えるのもおすすめ(菊地さん)。

Q9:白髪予防は薄毛予防にもなる?白髪の人は薄毛になりにくい?

A:食事と睡眠、ストレスを溜めないことは髪のための大前提。また、頭皮の菌バランスを整えることは白髪予防にも薄毛予防にもなります(菊地さん)。皮脂が酸化して頭皮に炎症が起こると、毛根の細胞に悪さをする因子が作られ、白髪や薄毛の一因に。皮脂汚れはシャンプーでしっかりケアを(仲西さん)。

Q10:魚をよく食べる人は白髪が少ないって本当?ワカメや黒豆など黒いものを食べると白髪を防げますか?

A:バランスのよい食事が大切。その上で、メラニン生成を促す栄養素チロシンに着目を。魚卵、ちりめんじゃこ、小麦、ハトムギ、豆などに含まれます(菊地さん)。白髪には亜鉛、銅、鉄、カルシウム、ビタミンB12が関係していると言われいます。海藻や、大豆、魚介などを摂取するといいかもしれません(戸田さん)。
教えてくれたのは……ミルボン 開発本部研究開発部 菊地哲宏さん
基礎研究グループ皮膚科学研究チームにて、主に頭皮や発毛、毛髪の成長に関する基礎研究を担当。関西大学にて講義も行う。
教えてくれたのは……資生堂グローバルイノベーションセンター 仲西城太郎さん
育毛・スキンケア製品に関する基礎・応用研究に従事。ヒット商品「アデノバイタル」シリーズの開発を2011年の初代製品から担当。
教えてくれたのは……タカラベルモント株式会社 化粧品事業部 化粧品研究開発部 戸田和成さん
メンズスキンケアやヘアケアの製品開発に携わる。毛髪の芯部・メデュラにおける構造変化を解明し化粧品分野への応用方法を模索中。

こちらの記事もおすすめ!



2021年『美ST』7月号掲載
撮影/平林直己(BIEI)、大瀬智和<人物>、大槻誠一<静物> ヘア・メーク/サユリ、今枝あゆみ(ともにnude.) 取材/伊藤恵美、稲垣綾香 編集/佐久間朋子
PICK UP
注目記事