【美容好きさんのコスメ収納】メークのスタメンアイテムは100均ボックスにぎっしり!

溢れるコスメ愛とともに自宅に溢れるコスメたち。コスメ好きさんたちはどうやって収納しているの?今回は美容を職業にしている美容家たちの自宅をチェック!今すぐ真似できる収納アイデア術がたくさんありました。

1:100均ボックスにまとめ、都会のビル群を眺めながら自然光でメーク

教えてくれたのは……美容皮膚科ナース モデル AKOさん(37歳)
美容好きが高じてインスタ投稿しているうちにフォロワーが約4万人。美しいルックスに加え親身なアドバイスで大人気。

洗面所の棚にスキンケア・ボディケアグッズをSTEPごとに保管

左の棚は美容液、ボディクリーム、リップ、まつ毛美容液、香りもの。右の棚は乳液、化粧水、クリーム、アンプル、クレンジングと試さなければいけないコスメを各段ステップごとにまとめてずらり。

メークのスタメンアイテムは家の中で移動できるプチプラケースに

大量のブラシとパレット、UVが100均ボックスにぎっしり。広い窓に紫外線防止フィルムを貼り、自然光でメーク。

2:女子心をくすぐる女優ドレッサーにミニマムに収納

教えてくれたのは……LAURA COSMETICS 代表取締役 Chikaさん(40歳)
学生時代にニキビに悩まされた経験からエステの道に。今までの知識と経験を注ぎ込んだ「LAURA COSMETICS」を発売したばかり。

コスメは大好きなディオールで統一。カテゴリごとに分けてIN

目もととリップ以外はノーメークのためアイテムはミニマム。引出しの中にディオールのリップ、ハイライト、パウダーのみ。

鏡はフランフラン、ドレッサーと椅子はLAで購入

白く幅が広いドレッサー用のテーブルを探しやっと海外で見つけました。フランフランの鏡は調光できて映え度抜群です。

3:すぐに使うものの収納は2軍までそれ以外は潔く別の場所に置きます

教えてくれたのは……美容関連会社経営 星 玲奈さん(39歳)
センスの良いヘアとメーク、ファッションに45万人のフォロワー。ご主人の保志ゴローさんは美STにも登場しているヘアスタイリスト。

スキンケアは洗面台鏡の裏に収納してすぐ保湿

ソニックフィットを受けているリリーオンで購入したヒト幹細胞入り美容液やハリッチの美容液、クリームがお気に入りです。

外側·内側の汚れが目立たないヴィトンのバニティ

仕事道具として上質なものを、と購入したヴィトンのバニティは丈夫で汚れも目立たず正解でした。ブラシケースはアマゾンで購入したもの。

4:ご主人の大きな愛が感じられる圧巻の美容棚

教えてくれたのは……美容家 深澤亜希さん(44歳)
職業柄多くのアイテムを試すため、忘れないようすべて見えるよう収納。1つ1つ飾るように収納するとコスメ愛が一層深まります。

飾るだけで華やかなインテリアになる香水を大量にコレクション

400個ほどある香水。既存品はディスプレイもかねて色別に。新作はまとめて別の棚に並べて収納します。

ピンタレストのかわいいコスメ収納を参考にお気に入りアイテムを整理

コスメ収納専用のクリアケースをネットで購入し、アイテム別、色別に分けて入れています。スポンジもいろいろ試したいのでドレッサーの引出しにまとめて収納しています。

肝心のスキンケアはSTEPごとではなく目的別に収納

仕事のために必要でしょと夫に言われ作った美容部屋の棚。美白、エイジング、保湿と目的別に整理。

こちらの記事もおすすめ



2021年『美ST』8月号掲載
撮影/大瀬智和、オノデラカズオ(f-me) 取材/中田ゆき 編集/長谷川千尋
PICK UP
注目記事