【美容通120人にアンケート】スキンケアやメーク、どこでしてる? 収納は?

テレワークやオンライン授業が当たり前になり、ステイホームの時間も、家にいる人数も増えたこの一年。リモートワーク激増で、 おうち美容を取り巻く環境にも変化が。美ST読者やモデル、美魔女、美容ライターとアンケートを実施。「スキンケアやメークをどこでしてる?」「収納は?」など、コスメ棚の実態を調査しました。

読者・美魔女…総勢120名に聞きました!コロナ前後で変化があったと答えた人は34%。リビングメーク・スキンケア派が急増!

Q1 スキンケアやメークはどこでしてる?

8割弱が洗面所またはリビングだと回答。リビング派は「自然光が入るから」「TVやYouTubeを観ながらメークがしたい」とのこと。洗面所派はお風呂上がりにそのままスキンケアができる、手を洗えるメリットを挙げる人も。

Q2 持っているコスメの数は?

メークアイテムを41個以上所持と答えた人が24%、100個以上持っている強者が13%も。コロナ禍で断捨離した人が多く、スキンケアは37%の人が10個以下の回答。自分に合うアイテムを厳選している様子でした。

もはや抵抗不可。ニューノーマルをより良いノーマルにする覚悟ができた

美容基地、整ってますか?整っている方、外見も美しいのだろうな、羨ましい。私はといえば、この1年で美容基地が崩壊!コロナ前は、風水的に美に良い真南にこだわりのドレッサーを置き、美容リア充でした。ところが昨年2月、夫のワークスペースに乗っ取られた!私の第一次緊急事態。仕方なくリビングに移動、最低限の化粧品のみリビング、あとは4畳の納戸に突っ込みました。これで終わるか5月、私の第二次緊急事態。今度は夫が内緒でランニングマシンを買ったのです!ギャー!そしてそれを納戸に置くと。抵抗虚しく5日かけ大掃除することに。近所にトランクルームを借り荷物移動、その状況は今も継続中です。最近もうコロナ前に戻ることはないのだなと悟りました。ドレッサーはNever戻ってこないでしょう。コスメが増え出したリビング、この特集を読んで一番整えるべきは私、涙。
美ST編集長 桐野安子
業界随一のエイジレスな透明肌の持ち主で、試した美白コスメは数知れず。Instagram@kiripink18で忖度なしの最新美容を発信。
4畳の納戸。抵抗するも大掃除。最終的にはここで走りながら「愛の不時着」観賞。結局楽しんでるじゃん。
ドレッサーの背面は取り去られ、カッシーナの椅子もロボコップみたいなオジ椅子に変えられた、涙。
すっかりリビングメーク族。テレビ観ながらメークできる点は◯。1年経って散らかり気味。

こちらの記事もおすすめ



2021年『美ST』8月号掲載
撮影/須藤敬一 モデル/橋本マナミ ヘア・メーク/Sai スタイリスト/菊地ゆか 取材/岩崎香織 編集/鈴木ヒナタ
PICK UP
注目記事