【垂れ】【削げ】【離れ】加齢とともに深刻になる3大おっぱい悩み解消法

垂れ、削げ、離れ……。加齢とともに変化するバスト。どうにかストップエイジングできないのもの?はい、できます!おっぱい3大悩みもマッサージで変わるんです!

乳腺をほぐしバストに栄養を届ける道を育てる

教えてくれたのは……アンジェリーク ビューティー 宮本麻未さん(写真左)
大人のバストは、加齢により乳腺組織が萎縮して詰まったり、血行不良により栄養がいきにくくなっています。バストを触ってひんやり冷たい方は要注意です! バストケアすることでホルモンバランスや自律神経が整い、胸をほぐすことで呼吸も深くなり睡眠の質も上がります。食事は消化が遅く小腸に負担がかかる小麦を減らし、日本食がお勧めです。筋肉や骨、血をつくり女性ホルモン分泌を促すタンパク質はとっても大切。特に鶏肉はアミノ酸も摂れバストアップ効果も。亜鉛や鉄分を同時に摂取するのが理想です。
★SALON DATA
アンジェリーク ビューティー
港区南青山6-7-5ドミール南青山404 ☎03- 6712-6092(営)10:00〜19:00 不定休
バスト子宮リンパセラピー90分 ¥23,500

モデルや著名人も通う国内初のバスト・子宮サロン。オールハンドで女性特有の悩みにアプローチ。宮本さんは2万人以上の施術経験あり。

【基本のマッサージ①】左右5回の肩まわし。肩甲骨を動かして背中のお肉を寄せやすく

手を肩に添え肘を下から上に回し腕が耳にふれるくらい大きくゆっくり回します。反対の手で肩甲骨が動いているかを確認しましょう。

【基本のマッサージ②】脇の下のリンパをほぐし、バストに栄養を運ぶ下準備

①脇をつかみ親指は腕の付け根に、反対側に中指を置き揉みほぐします。腕・肩回りの筋肉がほぐれ、軽くなります。左右5回ずつ。
②脇のくぼみを、位置をずらしながらプッシュ。リンパや血管・筋肉・神経が集まっているので、ほぐすだけで肩や背中もほぐれます。

【垂れ胸改善】下乳のハリUP。鈍くなった胸の境目をつくる

①ブラのワイヤー部分を一周なぞるように、脇の下から手を押し当て3回まわします。こぶし1つ分移動し、回すを繰り返します。
②最後はバストの中央にくるまで。老廃物が流れ、ふわふわバストに近づきます。痛い人は滞っている証拠。乳がん予防にもなります。

【削げ胸改善】老け胸にはくるくるマッサージ。硬いデコルテをふかふかに

①バストと反対の手を鎖骨中央に。脇に向かってくるくる円を描くように外側へ。乳腺と大胸筋の新陳代謝を促します。
②脇の下までしっかりと流すことが大事。ここをほぐすだけで胸上部の脂肪がつきやすくなります。

【離れ胸改善】八の字マッサージで外に流れる脂肪を中に寄せ集めて

①バスト中央からブラのラインをなぞるように下へスライドします。手を密着させて押し当てるように 動かしていきます。
②バストをすくい上げるようにブラのワイヤーラインに沿ってバストの丸みを作るようにスライドさせ ていきます
③ブラからはみ出しやすい、脇下や背中のお肉をかき集めるようにして中央へ持ってきます。左右5回 ずつ行いましょう。

こちらの記事もおすすめ



2021年『美ST』9月号掲載
撮影/小林愛香 モデル/角田ともみ(スペースクラフト) ヘア・メーク/甲斐美穂(ROI) スタイリスト/桑代 愛 取材/稲垣綾香 編集/伊達敦子
PICK UP
注目記事