年齢不詳の目元美人になる!【モデル愛用アイクリーム】11選

目のアップが多いアイメークの撮影は、目元のクマ・シワ・くすみもしっかり写し出されてしまうので、徹底アイケアが大事!接写もOKの目元美人になれるモデル愛用アイクリームを教えてもらいました。

1:松本若菜さんはクリニークのアイクリーム

目元に優しく塗り込んでいます。こっくりとしているのにベタベタせず、翌日は一日中目元がしっとりします。リペアウェア レーザー フォーカス アイ クリーム 15ml ¥7,150(クリニーク)
教えてくれたのは……モデル・松本若菜さん 37歳
テレビや映画でも活躍。アップ撮影もOKのキメ細かい美肌の持ち主。「もともと肌が弱いので、肌に負担をかけないものが好き。一年中潤いケアは必須です!」

2:橋本マナミさんはネロリラ ボタニカのブルーエッセンス

乳液の後に目の下になじませます。クマが薄くなってトーンアップしつつ、目周りが潤います。ネロリラ ボタニカ トリプルブルー コンセントレイト 15㎖ ¥7,150(ビーバイ・イー)
教えてくれたのは……モデル・橋本マナミさん 36歳
ハリがあるのに柔らかそうなマシュマロ肌はみんなの理想!「撮影現場で一緒だった女優さんやメークさんと情報交換して、ステキなコスメを見つけます」

3:小畑由香里さんはポーラのリンクルショット

もう何本目か分からないほどリピート中。ピタッと、シワの溝を埋めてくれる感じがたまりません。リンクルショット メディカル セラム[医薬部外品] 20g ¥14,850(ポーラ)
教えてくれたのは……モデル・小畑由香里さん 41歳
自然体の笑顔から溢れるハッピー感が魅力。誰よりも着替えが早いのはJJ仕込み。「こだわりを持ちすぎず何でもトライする好奇心で常にアップデートします」

4:松田樹里さんは透明感のエスティと保湿のドゥ・ラ・メール

左から・ザ・アイ コンセントレート15㎖ ¥28,600(ドゥ・ラ・メール)、アドバンス ナイト リペアアイ コンセントレイト SMR コンプレックス 15㎖ ¥10,010 ※8/20リニューアル発売(エスティ ローダー)
教えてくれたのは……モデル・松田樹里さん 43歳
JJモデルの頃から変わらない清潔感と上品さに惚れ惚れ。「気に入ったものは一途に使い続けることが多いんです。10年近く愛用しているものもたくさん」

5:仁香さんはCIVASANのリフトアイクリーム

シワをピンと伸ばして、そのままホールド。まるで糊みたいなキープ力!目の周りのシワが吹き飛びます。ディフェーズリフト アイクリーム 15ml ¥7,500(CIVASAN JAPAN)
教えてくれたのは……モデル・仁香さん 46歳
スタイル抜群で美女オーラ漂う。感度が高くインスタにも幅広い世代のファン多数でオンラインサロンもいち早く開設。「韓国、ド クターズなど効く実感重視です」

6:神戸蘭子さんはポーラのリンクルショットコンビ

メークさんのオススメで買いました。目周りを念入りにケア。左から・リンクルショット ジオ セラム 40g ¥11,000、同 メディカル セラム 20g ¥14,850[ともに医薬部外品](ポーラ)
教えてくれたのは……モデル・神戸蘭子さん
天真爛漫という言葉がピッタリ。愛くるしいピュアな笑顔に、癒される人続出。「実は頭皮がずっと荒れていたのが、オージュアのシャンプーで改善!オススメです」

7:樹神さんはランコムのレネルジーアイクリーム

朝の目元に瞬時にふっくらとしたハリを出してくれます。目元メークを邪魔しないなじみのよさもお気に入り。レネルジー M FS アイクリーム 15ml ¥8,580(ランコム)
教えてくれたのは……モデル・樹神さん 46歳
ちなみに読み方は「こたま」さん。凛とした強さとふわりとした柔らかさを兼ね備え、自然と上がった口角が美しい。「マスク不調に負けない強い肌が最近の目標です」

8:吉村ミキさんはポーラのB.A アイゾーンクリーム

目尻と目の下のシワの気になるところにトントンとなじませてハリをキープ。1年前から何度かリピートして使っています。B.A アイゾーンクリーム 26g ¥19,800(ポーラ)
教えてくれたのは……モデル・吉村ミキさん 50歳
編集部での愛称はミキティ。顔のどの部分を見てもキュート、なのに内面は実はサバサバ系というギャップも。「ポーラやランコムなど信頼感あるブランドが好き」

9:前田ゆかさんはトワニーの薬用シワ改善美容液

シワになじませて最後にフィンガープレスで浸透。1カ月で眉間のシワが薄くなりました。トワニー リンクルコンセントレート[医薬部外品] 20g ¥8,800(カネボウ化粧品)
教えてくれたのは……モデル・前田ゆかさん 50歳
マエユカバングス、マエユカ食など生まれた企画は数知れず!資格を取るなど常に勉強熱心な姿勢はさすが。「肌状態を見て一番補いたい成分を最初につけます」

こちらの記事もおすすめ



2021年『美ST』9月号掲載
撮影/高嶋佳代〈静物〉 取材/伊藤恵美 編集/矢實佑理
PICK UP
注目記事