人気ブランドの美人取締役が愛用する、映えるジュエリーコーデアイディアって?

マスク生活が長引き、気持ちがちょっと暗い今だからこそ、耳元や胸元にジュエリーの輝きが欲しくなります。大人の可愛さを引き立てる華奢で繊細なジュエリーも、大人なら同じモチーフを重ねづけして華やかな印象を出したいところ。40代が真似したいのは、美しい素肌を輝かせるこんなジュエリーコーデです。

好きなモチーフを自由に重ねるのが彩野さん流

教えてくれたのは……「AHKAH」取締役 福王寺彩野さん(39歳)
「繊細で美しいデザインのアーカーのモチーフジュエリーは、重ねづけすると大人の可愛さを引き出してくれます。変わらずに好きなのはリボンやハートと名前のモチーフ。どのテーマも女性らしい華やかで繊細なインパクトが生まれます。イエローとホワイトをミックスして楽しむことも。最近、増えたオンライン会議では顔まわりが目立つので、ピアスは何よりも大切。アーカーのピアスはカジュアルスタイルにも合うので人気です。素肌に映える華やかコーデを目指しています。」

「AHKAH」ファウンダーの福王寺 朱美さんの娘。PRとして長年「AHKAH」のイメージを築いてきた立役者。プライベートでは夫と長男5歳、長女9カ月、犬2匹と暮らす。@ayano_fukuojiも人気。

美しい素肌を輝かせる、揺れるピアスの同じモチーフを重ねづけ

新たなクリエイティブディレクターを迎えたアーカーのカイトモチーフ新作ジュエリー。左から:シングルピアス¥104,500、¥264,000、¥90,200。チェーンのピアスは動きに合わせて揺れて、ダイヤの煌めきが肌をキレイに見せます。ステイホームの今、大ぶりなものよりカジュアルなイメージのある繊細なデザインがファッションにも合わせやすく、同じモチーフの重ねづけなら抵抗なく、誰でも簡単にできるのでおすすめです。

名前をパールにカスタマイズしてオリジナリティプラス

左:デコルテに沿うよう長さが調節できるカイトモチーフのステーションネックレスは、首元を華やかに演出します。トリリアントカットのキラキラとした輝きと繊細なチェーンで、肌をより美しく。右:TASAKIのパールリングは特別バージョン。昨年夏に伊勢丹でポップアップの名入れイベントを開催した際に名前を入れてもらいました。パールだけでなく、ダイヤもあしらわれているので、どんなジュエリーとも相性が良く、つけていく場所を選びません。カジュアルスタイルのアクセントとして、またドレッシーな服にも似合います。

イニシャルモチーフでもテイストはさまざま異なる雰囲気に

パーソナライズなジュエリーは自分だけの特別感があり、ついついオーダーしてしまいます。ファッションに合わせてテイストを使い分けられるのが魅力。ブロック体(下)はプルミエトワールパーソナライズネックレス、筆記体(上)はグランエクリチュールネックレス。ともにアーカーのもの。その他、花や星などのモチーフも好きです。同じテイストで揃えるのが重ねる時のコツです。

顔まわりは華やかなピアスがあればメーク要らず

左:新クリエイティブディレクターによる新たなジュエリーライン。「アーカー シグネチャー」ラインの「アーカー スプリングシークインピアス」。AHKAHのアイコニックな「A」をデザインしたものです。右:2018年春夏コレクションで作った「ドリーミーマーメイド」のバブルフープピアス。フープピアスにパールが泡のように浮かぶイメージでデザインしたもの。クラシックなパールジュエリーも好きですが、遊び心のあるタイプも好き。

美しい素肌があってこそのジュエリー。彩野さんはスキンケア重視派に

毎日のお手入れはリビジョンスキンケア。DEJナイトフェイスクリームは肌にいる常在菌のバランスを整えてくれる注目のスキンケアアイテム。フェイスクリーム、日焼け後の肌にも良いC+コレクティングコンプレックス30%、7種類もの機能性ペプチドが配合されたリボックス7も使っています。
4月から3カ月間、ゼオスキンでホームピーリングをしました。すっかり肌が生まれ変わり、シミとは無縁の肌に!今はゼオスキンのバランサートナー、ミラミックス、デイリーPDを使っています。ホルモンバランスを崩し、できてしまった顎のニキビ痕もキレイになりました。
ザ メデューサの美顔器。EMSの美顔器でかなりの高周波でスペシャルケアができます。高価な美顔器ですが、コロナ禍、お家ケアしたい人にぴったりのもの。効果を実感できるので気に入っています。保湿美容液とモイスチャークリームも併用して使っています。

こちらの記事もおすすめ!



2021年『美ST』9月号掲載
撮影/オノデラカズオ<人物>、久々江 満<静物> ヘア・メーク/田中宏典(LADONNA) スタイリスト/菊地ゆか(服) 取材/中郷裕美、金沢由紀子、兵藤美香  編集/小澤博子
PICK UP
注目記事