女優・田中麗奈さん|「39歳で出産したときに15kg太りました」その解消法って?

母となり、40代になった女優の田中麗奈さん。若い頃よりもますます綺麗になったその理由は?普段の生活から憧れの女優さんまで、今の田中さんのすべてをお伺いしました。

人間なら皆年をとるもの。変化を楽しみながら対応すればいい。

女優 田中麗奈さん 41歳
39歳で出産したときに15kg太りました。体型も変わり、髪質も変わって肌もガサガサに。それまではこの日数でこれくらい運動したら、大体何キロ痩せるな、なんて計算できたのに、時間がかかってしまって。あ、これが40代の壁なんだと思いました。出産したことで、「いざというときに子供を抱えて走る必要だってあるかもしれない、体力をつけなきゃ」と思い、週1のジムで筋トレ、マシンピラティスに加え、自宅にインストラクターさんに来てもらい、マットピラティスもしています。30歳前後にヨガと出合ったのですが、自分の呼吸で自分が撫でられているような初めての感覚を味わいました。当時は常に仕事モードで身も心もガチガチだったので自分自身を慈しんだり、緩ませてもいいんだ、と目からウロコの体験でした。

今ヨガは体に染み込んで、ストレッチ感覚となっています。その他、わざと遠くの公園やスーパーに行って歩くようにしたり、歯磨きしながらスクワットしたり、お皿洗いしながらつま先立ちしたり、子供の寝かしつけを夫にお願いできたときはYouTubeを観ながら筋トレしたりとちょこちょこと地道な運動を積み重ねています。

パープルのオールインワン ¥625,570(Prune Goldschmidt/メゾン・ディセット)ピアス ¥29,700、バングル ¥70,400(ともにプリュイ/プリュイ トウキョウ)
憧れているのは女優の熊谷真実さんの肌。素晴らしく透明感があるので、シワやシミがあるかどうか思い出せません。お料理上手の真実さんに倣って玄米に替え、炊飯器も玄米を炊くのに適した「なでしこ健康生活」に買い替えました。最近教えていただいたのは「昆布水」。お水1リットルにつき10gの昆布を浸けて一晩置くだけ。白髪も気になるのでこのミネラルたっぷりのお水を飲み始めました。昆布、ワカメ、ひじきなどの海藻類はメニューになるべく一品加えるようにしています。また、庭になる梅を梅干しにしたり、お味噌はオオニシ恭子さんのワークショップで習ってから毎年自宅で手作りしています。今は米麹やキムチも作るようになり、発酵食はこれからも増やしていきたいです。「凝り性」とよく言われる性格のまま、健康に良いと思われることはなるべく取り入れるようにしています。

美容も大好きで自らショップに見に行くこともありますし、教えてもらったコスメは積極的に試して自分に合ったものをそのつどアップデートしています。毎日のケアを地道に積み重ねていますね。

日々の生活で忙しいなか、年齢を重ねながら綺麗でいることは本当に難しいと思うのですが、結局は自分がやるかやらないか。そう思うと綺麗でいるって年齢を重ねるほど価値があることかもしれないですね。エイジングする自分自身の変化を観察しながら、諦めず、楽しみながらいろいろ試していけば良いと思っています。

ワンピース ¥105,600(フォルテ フォルテ/コロネット)ピアス ¥38,500、イヤーカフ ¥49,500(ともにリューク/リューク)リング右手薬指、左手人差し指 各¥34,650(ともにプリュイ/プリュイ トウキョウ)シューズ(スタイリスト私物)
《Profile》
1980年生まれ。福岡県久留米市出身。1998年に映画『がんばっていきまっしょい』で初出演し、数々の新人賞を受賞。以後、女優として様々な役柄を演じる。プライベートでは2016年に結婚。2019年に第一子出産。現在LINE NEWS VISION「上下関係」に出演中。

こちらの記事もおすすめ



2021年『美ST』10月号掲載
撮影/中村和孝〈人物〉 ヘア・メーク/岡野瑞恵 スタイリスト/宮澤敬子(WHITNEY) 取材/中田ゆき 編集/伊達敦子
PICK UP
注目記事