アラフォー女性が失敗しがちな【NGヘアスタイル】 |毛先の軽い細巻きロング

髪悩みが増えてくる40代、50代。今までと同じように髪型をオーダーしても、「なんだか似合ってない」ということが増えていませんか? 40代、50代の女性がやってしまいがちなNG髪型を例に、老けて見えるポイントやオーダーするときに気をつけるべきことを美容師さんに教えていただきました。今回はロング編。ロングが老けて見える原因はパサつきと細かいカール。最近人気の韓国風ロングヘアのポイントを取り入れれば、髪も綺麗に見えて今っぽい髪型に。

【NG】スカスカ毛先と細巻きカールのロングヘア

パックリと割れた前髪とふんわり感がまったくないトップは疲れたおばさんを彷彿させてしまいます。八の字シルエットやカールが細かいスタイルも古さが出て残念な雰囲気に。ロングだとスカスカの毛先もパサパサになりやすく肌まで乾燥して見えるので気をつけましょう。「ただ伸びてしまった」感が出たらアウト。
教えてくれたのは?|ABBEY 副店長 横田雄哉さん

【要注意!】ロングをオーダーするときに気をつけたいNGチェックリスト

NG①軽すぎの毛先と細かすぎるカール

毛先がスカスカだとパサついているように見えて老化を感じさせます。さらに、昔風の細かい巻髪はダサさを強調。ツヤ感のないヘアはどうしてもおば見えしてしまいます。

②パックリ割れた前髪

パックリ割れた前髪は7:3分けにも見えておしゃれっぽさがありません。前から見たときに分け目が全部見えてしまうのもNG。ヘアスタイルのバランスも悪くなってしまいます。

NG③古さが否めない裾広がりのシルエット

古さが否めない八の字シルエットは老けた印象に。顔も間延びして見えるシルエットなので要注意。トップのボリューム感が心配な人は、髪が薄くなってきたかと思われてしまうので要注意。

こうすれば若見え!

ヨシンモリ風大きめカールのロングヘア

梅本理恵さん(50歳)TEAM美魔女
SIDE
BACK
髪のコシがなくなってきて、特にトップがぺたんこになりやすく気になります。全体的にふんわりとバランスのいいヘアスタイルにしたいです。
中間から下にはレイヤーを入れず、ワンレンのベースをある程度残すのがポイント。顔まわりとトップは流れやすいようにカットして、襟足とつながるように。自然な動きが出るようにカットしておけば、今っぽい巻き髪も簡単にできます。前髪をナチュラルに下ろせば美ST世代にも似合う韓国風ヘアに仕上がります。

【若見えPOINT】気になるフェイスラインをカバーする長いサイドバングス

サイドにつながる前髪が頬骨にかかるので気になるフェイスラインを綺麗にみせてくれます。前髪はマジックカーラーで内巻きに。全体の毛先は外巻きに、表面はリバースに中間巻きをして全体のシルエットをひし形にすれば若見え間違えなし。
☆SALON DATA
ABBEY(アビー)
東京都港区南青山5-7-23 始弘ビル2F
☎03-5774-5774
(営)平日11:00〜21:00、土・日・祝10:00〜18:00
(休)月、火

▼あわせて読みたい!

撮影/楠 聖子 取材/古川延江 編集/長谷川 智
PICK UP
注目記事