【雑誌JJと今の私】美STモデル・神戸蘭子さん「笑いジワなんて気にしない!笑顔が美の源」

美STでビューティーモデルとして活躍中の神戸蘭子さん。もともとは雑誌「JJ」で10代の頃からモデルとして活躍していました。10代の頃から美容の第一線に立つ神戸さんにとってJJとは?今の美の秘訣は?お話を伺いました。

自粛期間中におうちをジム化!隙間時間に体を動かしてリフレッシュ

神戸蘭子さん 39歳
自粛期間中は子供の頃から続けていたバレエのレッスンやゴルフに行けず気持ちが落ち込んだ時期もありました。くよくよしていてもしょうがない!と思って自宅をジム化。バレエバーや腹筋ローラー、バランスクッションなど体幹を鍛えるグッズを買い揃えました。JJでSサイズモデルをしていたとき、スタイルよく服を着こなすには、美しい姿勢と身のこなしが大事と悟り、今でもバレエをはじめ体幹トレーニングは欠かせません。最近長男がバレエを習い始めたのでいつか一緒に踊りたいな。

ジャケット¥38,500〈ベッドアンドブレックファスト〉パンツ¥33,000〈グリードインターナショナル〉(すべてGreed International Tokyo Store)
《Profile》
19歳から約10年にわたってJJのヘア企画やSサイズモデルとして誌面に登場。結婚、出産を経て30代中盤から美STの顔として活躍中。

神戸さんのキレイの秘訣は?

家庭菜園でトマト、大根、枝豆などを収穫。子供に作物を育てることを学ばせたいのもそうですが、自分で作った無農薬野菜は格別。
2人目を出産し、弱くなってしまった腹筋をバランスクッションや腹筋ローラーで強化中。最近バレエレッスンを再開したので体幹も鍛えられ、Y字バランスも安定(笑)。
たるみ&小ジワが気になって、「渋谷の森クリニック」でハイフシャワーデビュー。即効リフトアップできて◎。☎0120-612-777

神戸さんのビューティ年表

20代
20代はボブが大流行。’09年10月号では、動きのある前髪と明るめのカラーリングが特徴の「蘭子ちゃんのトイプーボブ」企画を組んでもらいました。
30代
結婚式が終わって人生初のショートにバッサリ切りました! それ以降は鎖骨につくかつかないかが定番のレングスです。

こちらの記事もおすすめ



2021年『美ST』10月号掲載
撮影/嶋野 旭 スタイリスト/二井里佳子  ヘア・メーク/斉藤 誠〈Lila〉  取材/増野玲奈 編集/鈴木ヒナタ