メークはどう変わった? 【コロナ前】と【コロナ後】

コロナ禍で当たり前になったマスクありきのメーク。コロナ前とコロナ後でメークはどう変化した?この3年間で特に変化したアイメークとリップメークの変化を比較しました。

【2019年】赤リップ全盛期!メークの主役は断然リップ

赤リップを筆頭に、ディープなカラーのリップを主役にしたドラマティックなメークがトレンドに。それに反して目元はカラーレスが流行。ヌーディなカラーだけで、エフォートレスに仕上げるのがよしとされていました。
アイメーク
リップメーク

【2020年】マスクするからリップは省略。目元に注力!

コロナ禍に見舞われた2020年。マスクを着用するのが当たり前になり、リップがマスクにつかないようにと、とりあえずリップクリームでやりすごしました。その分、アイメークは力を入れ、ラインやマスカラも濃いめに。
アイメーク
リップメーク

【2021年】目元も口元もふんわり色みをのせればマスクONでもOFFでも好印象

伏し目になると、キワに引かれた赤のラインが女っぽい印象を盛り上げます。不織布マスクをしても血色や温かみを感じられ、ヘルシーな印象に。

使ったアイシャドウはこれ!

ピンク好きにはたまらない♡大人ガーリーパレット。ピンクのニュアンスを目元に。コンパクトアディクション〝エターナル イン ピンク〟102 ¥8,580(10/29数量限定発売)(アディクション ビューティ)
①を上まぶたのキワに引き、アイホールに②を塗ります。③を目頭側、④を黒目の上、⑤を目尻側に重ねます。下まぶた全体に⑥を塗り、中央のみ⑦をON。⑧は眉骨下にハイライトとして入れ、まぶたに立体感を与えます。

使ったリップはこれ!

唇の色を透けさせつつ、適度に色みをONマスクにもつきにくい。透け感のある、コーラルカラー。潤い抜群でリップケア効果も。ディオール アディクト リップグロウ 004 ¥4,290(パルファン・クリスチャン・ディオール)

こちらの記事もおすすめ



2021年『美ST』11月号掲載
撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company)〈人物〉、大槻誠一〈静物〉 モデル/樋場早紀、神戸蘭子 ヘア・メーク/川村友子 スタイリスト/Toriyama悦代(One8tokyo) 取材/吉田瑞穂 編集/長谷川千尋
PICK UP
注目記事