手仕事美魔女って?

手仕事美魔女の由来

皆さん、こんにちは。
美魔女コンテストファイナリスト「手仕事」美魔女こと深沢朱音です!

ちょっと時間が経ってしまいましたが、まだ手仕事美魔女の由来など、お話できていませんでしたね。今日はそれについて書かせていただきますね!

プロフィールにも書いてあるように、趣味の1つが刺繍や羊毛フェルトなのですが、現在ファイナリストみんなで行っている配信アプリSHOWROOMでもたびたび物作りを配信していたということが由来だと思います。
こちらは配信中に作った保冷ベルト
こちらも配信中に作った羊毛フェルトのいちごワッペン
でも元々得意だったわけではありません 汗。。
今こうして趣味になったのは、育児の過程でなんです。
私には3人の子供がいますが、幼稚園から小学校まで毎年バザーで物作りが課題だったこと。これが趣味になったきっかけでした。

最初はなかなかうまくいかず、半泣きしていました。笑
翌年もまた翌年も、、今度は下の子の番で。娘がやっと小学校に上がったと思ったら、6年間続きました。
でも、途中から気づいたら好きに変わっていました。

いつもどんなことも共通するのですが、苦手な事に直面した時、神様からいただいた成長チャンスだと思って逃げないこと。
これは私のモットーです。
どうしてこういう考えに行き着いたかは、またきっかけがあるので次回書かせていただきますね。

今育児をしていて思うのは、したくないことは無理にしなくていい。
苦手なものより、得意なことを伸ばしてあげましょう。といったスタンスをよく見受けます。
それはそれでとても良い考え方だと思いますし、否定は全くありません。

ただ、私の生き方や考え方は違っていて、苦手だとしても、今やるべきこととして直面したことはとりあえずやり遂げてみる。
0から1になった時、また1から4になった時、この過程で得られる経験や感情が大人になってからもとても大切だと考えています。

そんなふうに生きていると、苦手だったものが好きなことに変わっていたなんてことがたびたびあり、人生って面白いな〜とつくづく感じるからです。
もちろん、いまだに克服できないものも多々ありますが、それはまたこれからの宿題にします。笑

「手仕事美魔女」について語りだすと、まだまだ足りないので、これから少しずつ書かせていただきますね!
娘に作ったお弁当バッグ
最後までご覧いただきありがとうございました!
フリーアナウンサー
深沢朱音
短大卒業後、ショールームレディのスバルスターズを経てフリーアナウンサーに。ウェザーニュースや、報道系ネットニュースを担当。現在12歳、11歳、3歳の子育て中心の生活のなか、他薦でコンテストに応募。コンテストを通じて今あるやるべきことを大切にしながら1つ1つ努力し、新たな出会いや刺激を受け、この先何をしたいのか見つけたいです。
PICK UP
注目記事