女優・上戸 彩さんの私生活で発見!幸せ笑顔の6つの秘密

ドラマ「半沢直樹」の妻・花役では夫を癒し、多数のCMでも飛び切りの笑顔で周囲を元気にする上戸 彩さん。その笑顔は10代から培われてきた努力や、生活の中での様々な工夫が鍵。不滅の笑顔の理由を探ってみました。

嫌なことも笑顔で蓋をすれば、安らぎにも楽しみにも変えられます!

教えてくれたのは……女優・上戸 彩さん
'85年東京都出身。'00年女優デビュー以降ドラマ「3年B組金八先生」「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」「半沢直樹」、映画『テルマエ·ロマエ』などに出演。'04年、'14年に日本アカデミー賞優秀主演女優賞ほか多数受賞。

上戸さんの幸せ笑顔を支える6つの秘密大公開!

長女6歳、長男2歳になりました。2人で毎日笑わせてくれます。長女は明るくて人を笑わせるために生きているような子。私が怒っていても笑わせようとしてくれ、そういうところパパそっくり。家族=笑顔かな。
DIYに凝っています。初作品はキッチンの壁紙。シールなのでカットするだけですが、初めてだったので手こずりました。でも色が入るとテンション上がってニッコリ! 味を占めて余った壁紙で兄の家の壁もDIY!
ひな祭りには、長女のお友達の親子と一緒に、ちらし寿司と蛤のお汁などでポットラックパーティ。子育てしてからイベント行事を大切にするようになりました。何よりも友達と一緒にいると親子で笑顔になります。
年末年始にショートヘアに。ショートにすると気持ちが上がります。有難いことに10代の時から多くのCMをやらせていただいているので、ヘアスタイルを変えるとスポンサーさんに写真を送ることが習慣です。
ナレーションを務めた番組内のVTRで流れた山本寛斎さんの言葉が心に響き、台本をスマホでパチリ!「~迷ったら新しいほうを選んだ方がいい~」素敵な言葉をときどき読み返しては元気をもらっています。
長女妊娠中から10日に1度の割合で通う酵素浴。デトックスで凝りが取れ、免疫力もアップ。終了後は心身ともにスッキリして笑顔になります。唯一の欠点は発汗。入浴直後にドラマ「半沢直樹」の台本の読み合わせに行きだらだら汗が止まらず「何でそんなに緊張してるの?」と思われて恥ずかしい思いもしました。

こちらの記事もおすすめ



2021年『美ST』12月号掲載
撮影/中村和孝 モデル/上戸 彩 ヘア・メーク/岡野瑞恵(STORM) スタイリスト/青木千加子 取材/安田真里 編集/漢那美由紀