【旅館女将美魔女】の働きながらでもできる朝重視スキンケア

フルタイムで働く美ST世代にとって、自分のための美容時間を捻出するのはなかなか大変です。楽しく無理なく続けるお気軽美容なら、ストレスなく綺麗になれます。美魔女の岡部ゆみこさんに隙間美容法を教えてもらいました。

無理なく時間を作って気がついたらやる!それぐらいがちょうどいい

教えてくれたのは……TEAM美魔女/旅館女将 岡部ゆみこさん 51歳
旅館と家が2時間半ぐらい移動に時間がかかるため、車内での時間も多く、毎日早朝から行動することが多いので、スキンケアも基本は朝重視派。しっかり朝ケアすれば、一日調子良くいられます。自分に無理をせず、楽しんでやる。そしてとにかく笑うこと。笑っていると楽しくなって、やる気も起きるから不思議です。
《Profile》
若い頃からブライダルなどのモデル活動をしていて、現在も企業のWEB CMなどに出演。家事や子育てもしながら旅館の女将もこなし、多忙な日々を過ごしています。

5:00~5:30/その場ストレッチ足踏みしながらスキンケア

朝起床したら、ニュースを観ながらマッサージと足踏み運動を。
左から、しっかりと肌を捉える。リシアル マッサージクリーム 80g ¥6,600(メナード)、リーズナブルなのに実感がすごい。薬用メディショット コンセントレートスポット [医薬部外品] 20g ¥3,850 (明色化粧品)

11:00~11:30/合間にスマホチェック

移動の合間に、美容情報を仕入れたり、インスタの更新、メールのチェックをやっておきます。

14:30~14:45/ほっと一息深呼吸

日常のことを忘れてリフレッシュするのも大事だから、森林浴で浄化。何も考えない時間を作って、心を整えます。

20:00~20:10/仕事合間の笑顔チェック

接客の基本は笑顔。笑うことがアンチエイジングにもつながるから、いつも笑顔を心がけ、表情をちょこちょこチェックします。

23:30~0:00/入浴後のスキンケア

値段にかかわらず、シートマスクをこまめにするように。
ここぞと言うときは、セルコードの美容液を使ってケア。クリニック用に開発されたヒト臍帯血から作られたヒト臍帯血由来幹細胞培養液配合美容液。セルコード C10 美容セラム¥66,000(バースバンク)

こちらの記事もおすすめ



2022年『美ST』1月号掲載
撮影/イ・ガンヒョン〈人物〉、五十嵐 洋〈静物〉 ヘア・メーク/chiSa(SPEC) 取材/川上桃子 編集/小澤博子