新商品が続々登場!アンチエイジングに効く【ヒト幹細胞コスメ】の効果とは?

「ヒト幹細胞」、美ST読者なら誰でも一回は聞いたことがあるはず。アンチエイジングの最終兵器といわれるこの成分、ちゃんと理解して信頼ある商品を使い続けることが大切です。熟読して加齢の悩みから解放されてみて!

ヒト幹細胞の疑問、ヒト幹細胞培養液スキンケアのスペシャリストに教えて頂きました

Q 細胞自体が入っているんですか?

A NO。配合されているのは幹細胞を人工的に培養する際に分泌される培養液(液体)です。細胞は入っていないので、倫理的、遺伝子的にも問題がないんです。

Q 幹細胞培養液って何がいいの?

A 細胞を活性化させる成長因子がなんと50種以上!も。肌ダメージを「対処」するのではなく、肌そのものの「再生」が可能なんです。

Q 誰の幹細胞から培養されているの?

A 細菌感染のない健康な若い女性ドナーから。脂肪組織幹細胞は皮下脂肪から抽出しています。

Q「 植物幹細胞」というのもよく聞くけど、どんな違いがあるの?

A 植物の幹細胞は抗酸化作用、保湿作用に優れていますが、人間の細胞の再生作用に働く成長因子は含まれていません。

Q どれくらい使えば効果が実感できますか?

A 長く使えば使うほど効力あり。2~3カ月使い続けると、その後の肌の再生サイクルがぐっとアップ。

Q どんな効果が期待できますか?

A 皮膚の老化、ダメージを自ら修復してくれるので根本的なアンチエイジング効果 が期待。ヘアケアでは発毛サイクルが活発に。

Q 幹細胞ブームで商品がたくさん。信頼できる商品の選び方が知りたい!

A 品質や製造管理の安全をHPやパンフレットでしっかり説明している商品を。ナノ化する等、成分が生きたまま浸透するよう工夫されていて、配合濃度も3%以上を目安にするといいでしょう。
教えてくれたのは……及川尚輔さん ビューティープロデューサー
世界最先端の美容成分に精通し、再生医療のノウハウを駆使した化粧品開発に10年前から注力。「細胞を活性化できたら、理論上ではありますが、人は年をとりません。然らば、細胞に働きかける『ヒト幹細胞培養液』は『業界の未来を変える成分』と言えるでしょう。再生医療の現場ではヒト幹細胞培養液は既に周知されていますが、化粧品にするには高度な技術と知識が必要です。韓国はヒト幹細胞培養液を皆が使いやすいように国を挙げて整備を敷いた先進国。日本でも知っている人が多くなってきた成分ですが、今後ますます注目されるでしょう」。

初めましてブランドからも『ヒト幹細胞コスメ』続々と登場しています

ワビオ

たった1滴で自ら問題解決できる強い肌に。コンパクトで低刺激な究極のオールインワン! ステム アクティブ エッセンス 20㎖¥20,000(パシフィックビューティー)

ブランノアール

ヒト幹細胞培養液高配合。左から、コンセントレーションクリームC2030g¥30,000、プレミアム10セラム 30㎖¥20,000、ブースター5エッセンス 50㎖¥9500(グレースホールディングス)

ディアガイア

凍結乾燥した美容液を採用しているためヒト幹細胞培養液を新鮮なまま肌へ。セリリフェクター エイジレスナイトリペアエッセンス美容液+溶解液 20㎖¥12,000(IDEA)

ライフライン

アメリカの最先端再生医療研究所のグループ会社の美容液。パッケージがリニューアル予定。日本ライフ製薬モイスチャーセラム 23g¥8,047、46g ¥14,000(日本ライフ製薬)
2019年『美ST』6月号掲載
撮影/SHINTARO 取材/宇田川みさと 編集/佐久間朋子