CLINIC

撮影前の女優の儀式!?【沙也加打ち】と呼ばれるボトリフトとは?

今や情報に溢れる美容医療。「一体何が正解なのかがわからない!」。そんな読者の声に応え、21年間美容医療の最前線にいたDr.ウサコだからこそわかる今何をやるべきかやらないべきか、アフターコロナの美容医療ルールズを紹介します。

ルール3:ウサコ的標準治療は肌の大掃除+たるみ治療

年1の光治療 or 2カ月に1回のハイドラ or ピーリングで肌の大掃除。加えて、半年に1回のボトックス or ボルニューマ or 糸でたるみ治療がおすすめ!

落とすこと、磨くことから始まる大人のツヤ肌

<ハイドラジェントル・マヌカピール・ステラM22>

(左から)ハイドラジェントル・マヌカピール・ステラM22

黄ばんだシミだらけの肌は清潔感を失います。加齢によってターンオーバーが遅れると皮膚の新陳代謝がスムーズにいかなくなります。そこでマストなのが定期的なハイドラやマヌカピール。くすみを一掃し溜まった角質もなかったことに。ステラM22で更に透明感に磨きをかけてツヤ肌キープを。

糸と高周波メンテで重力にとことん逆らう

<パーティスレッド・ボルニューマ>

(左)パーティスレッド・(右)ボルニューマ

たるみ対策は、最初に糸で引き上げ土台を作ったらメンテに高周波や定期的な『追い糸』を。透明ポニーテールと評判のパーティースレッドが◎。

フェイスラインがスッキリするからやめられない

<ボトックスリフト>

ボトックスリフトは顔を下に引っ張る筋肉「広頸筋」とフェイスラインに沿って、ボトックスをプチプチと皮内注射。メイク感覚で半年に1回くらいの継続が◎の基礎治療。

体験したのは…

渡辺真理さん(48歳)会社員

「たるみは下に引っ張る筋肉が影響しているなんて目からウロコでした!施術後周囲から痩せた?と言われます!」

院長・長尾沙也加先生 THE ROPPONGI CLINIC 恵比寿院

渋谷区恵比寿南3-11-14/TEL:03-5708-5413/ボトックスリフト¥46,200

沙也加打ちと呼ばれているボトリフトは撮影前の女優の儀式。一度体験するとリピートマストに。

教えてくれたのは…Dr.ウサコ

2024年『美ST』1月号掲載
撮影/岡本卓大、楠 聖子、清水ちえみ、中林 香、大槻誠一(A-1)〈静物〉 ヘア・メーク/庄司愛理、野田みなよ(ともに六本木美容室)、榎田茉季(ROI)イラスト/まるはま、宮島亜希 取材/Dr.ウサコ、兵藤美香、中井川桂子 編集/小澤博子、中畑有理

FEATURE

MAGAZINE

一生元気に!自愛ビューティ

撮影前の女優の儀式!?【沙也加打ち】と呼ばれるボトリフトとは?

2024年4月号

2024年2月17日発売

FOLLOW US

HOT WORDS

PRESENT & EVENT

Topics今、スキンケアで注意すべきこと