CLINIC

未知との遭遇レベルで【顔が上がる!】美容誌の編集長が驚いたメニューって?

結局、コスパよく最短距離で綺麗を持続しなくてはいけません。美女医、読者からの聞き込み調査を実施しても糸はマスト。回り道せず満足したければこのメニューは裏切らないはず。

パーティースレッドって?

PDOの太さは従来の糸と同じなのにしなやかなので、脂肪が薄い方にも施術が可能。また表面がメッシュ構造なため、コラーゲンの生成を促し皮膚自体をタイトニング。透明ポニーテールPCLLAは硬さがあるのでこめかみに。

パーティースレッドが糸施術の裾野拡大に貢献か!?

昨年の国内の統計によるとフェイスリフトが1,500件、糸施術が75,000件。この報告以上に糸が浸透していると思われます。即効性、持続性、満足度、コストのバランス感が患者の満足度を満たしているのが人気の理由。今回のパーティースレッド、挿入したい位置に留置が可能、他の糸よりも柔らかく美容皮膚科の先生方にも扱いやすいのが特徴。

私が試しました!ドキドキの初の糸は心臓バクバク

美ST編集長・美ST WEB編集長千田真弓(46歳)
美ST編集長・美ST WEB編集長千田真弓(46歳)
美容医療は眉下切開以外はほぼ初心者。たるみ悩みがマシンだけでは限界ありと感じている今日この頃。

施術の様子

「骨萎縮、靭帯のたるみ、法令線、マリオネット線も目立ちます。輪郭も頰骨弓の下の凹みが目立ち凸凹に。こめかみに4本PCLLA、またPDOを法令線に1本ずつ、マリオネット線へは2本ずつで下垂分を再配置。顎下は2本ずつ」(吉澤先生)

今日から10年後の心配がなくなりました

「一足先に桐野がトライしたのを見て、そのリフトっぷりに驚愕。未知との遭遇レベルの糸施術はやはり楽しみ半分、戸惑い半分(汗)。とにかく誰かに引っ張られているかのように上がった感覚。馴染むまでに少し時間がかかりましたが、このリフト感、癖になりそう」(千田)

担当してくれたのは…

吉澤秀和先生 ニューフェイスエステティッククリニック院長

2024年は更に糸人口が増えそうですね

パーティースレッド1本¥38,500。最初にまとめて入れ、後は半年、もしくは1年に1回、たるみレベルに合わせて追加しキープを。

撮影/岡本卓大、楠 聖子、清水ちえみ、中林 香、大槻誠一(A-1)〈静物〉 ヘア・メーク/庄司愛理、野田みなよ(ともに六本木美容室)、榎田茉季(ROI)イラスト/まるはま、宮島亜希 取材/Dr.ウサコ、兵藤美香、中井川桂子 編集/小澤博子、中畑有理

FEATURE

MAGAZINE

一生元気に!自愛ビューティ

未知との遭遇レベルで【顔が上がる!】美容誌の編集長が驚いたメニューって?

2024年4月号

2024年2月17日発売

FOLLOW US

HOT WORDS

PRESENT & EVENT

Topics今、スキンケアで注意すべきこと