FEMTECH

最近のブームはK−POPダンス!52歳モデルの【プチ鬱】対策

季節の変わり目の体調の変化や更年期のホルモンバランスの乱れで、美ST世代はメンタルが崩れがち。そんなプチ鬱状態を抜けて、明るく楽しい毎日を過ごしている人の心のケアの秘訣は、アクティブに過ごすこと!モデル前田ゆかさんは50代に入りますます活動的。脱・プチ鬱テクニックを教えてもらいました。

普段から運動で鍛えておくとチャンスが来た時一歩が踏み出せる

30代後半に苦手だと思っていたマラソンに挑戦し、〝試してみて好きになる〟という経験をしました。そこで、チャンスが来たらまずやってみるというポジティブ思考に。いざという時に動く準備ができていないと一歩が踏み出せないので、日常的に運動することはチャンスを摑み取るための下準備のようなもの。登山もピラティスも友達と一緒にできる趣味なので、楽しんでいるうちに悩みから目が逸れているのも良いのかも。元々1日悩んでも解決しないことは一旦忘れて、リセットするタイプ。そんな私でも娘との向き合い方に悩んでいた時期がありました。そんな時こそ運動!ごちゃごちゃ考えていることを吹き飛ばし、終わった時には心も体もスッキリし、マインドが前向きに切り替わっています。

前田ゆかさん(52歳)モデル
48歳まではフルマラソンに6回出場。アラフィフに入ってしなやかな筋肉作りを目指して登山やピラティスにシフト。

1:【ハイキング】マラソンで繫がった仲間と一緒に始めたハイキングで新たな達成感を!

マラソン仲間と新たに始めたハイキング。金時山の頂上は見晴らしもよく、友達と一緒に汗をかいてたどり着く達成感が楽しくてハマりそう!次は鎌倉山ハイキングを計画中。

2:【畑仕事】手をかけるほどに育つ作物からたくさんの元気をもらっています!

コロナ禍で始めた畑仕事。種から植えて、どんどん大きくなるのは感動の連続で、子育てのような気づきがあります。自分が育てた野菜は味も濃くて体の内側から元気になれる。

3:【ピラティス】呼吸を整えて集中しているとコリも悩みも一掃される

ピラティススタジオB&B 三軒茶屋スタジオ

パーソナルピラティスで呼吸法やストレッチを学んだら体幹が整って、姿勢が良くなりました。そのおかげかファッションの仕事が増え、体を鍛えるモチベーションに!

最近のブームはK−POPダンス

BTSにハマり、推し活をスタート。ダンスも踊ってみたくなって、モデル仲間とレッスンを受けています。

心をほぐす自宅ケア▶︎▶︎

時間ができると行きたくなるのが御殿場。春は桜と富士山のコラボが絶景!写真を見るだけで心が洗われます。

アムリターラのバスソルトは人にたくさん会ってざわざわした気持ちの時の浄化に。バブは炭酸入りで体の疲れが取れます。

2023年『美ST』6月号掲載
撮影/オノデラカズオ ヘア・メーク/太田瑛絵 取材/門脇才知有 編集/増野玲奈

FEATURE

MAGAZINE

一生元気に!自愛ビューティ

最近のブームはK−POPダンス!52歳モデルの【プチ鬱】対策

2024年4月号

2024年2月17日発売

FOLLOW US

HOT WORDS

PRESENT & EVENT

Topics今、スキンケアで注意すべきこと