HEALTH

40代50代に多い【帯状疱疹】って何?どうしたら防げるの?

心は若いつもりでも、だんだん無理がきかなくなり、自覚せざるを得ない体の老化。日々の疲れや体からのSOSを無視していると、ある日突然「帯状疱疹」になってしまう危険性も。今回は「帯状疱疹」の原因やメカニズムをドクターが解説。実際に帯状疱疹を経験した50代読者のエピソードとあわせてご紹介します。

ドクターに聞く 【帯状疱疹】って何?

帯状疱疹はもともと水疱瘡のウイルスが原因。通常は神経の中に潜んでおり、免疫力が高い時はウイルスが増えないよう抑制されていますが、ストレスや疲れで免疫力が低下した時に発症します。

年齢とともに増加傾向にあり、発症率70%以上が50歳以上。発症後はとにかく早めの処置が大切。放っておくとさらに3~6カ月も続く帯状疱疹後神経痛の後遺症が残ることも。50歳以上になるとワクチンを接種できるので、心配な時は受けてください。

「ある日突然帯状疱疹に…」50代読者エピソード

3年前に腰が割れそうに痛くなり、3カ月後に背中に痒みのある発疹が軽く出始めました。それがみるみる帯状に! 近くの皮膚科で帯状疱疹と診断され、塗り薬と飲み薬をもらい治療しました。55歳を過ぎても仕事や生活、遊びの見直しをしなかったからかと反省。今は24時にはなるべく寝るように、外食は控えてスポーツクラブに行くなど生活を変えました。M・Oさん(58歳・ライター)

突然右脚の付け根がキュッと痙攣を起こしたように痛み出し、夜には眠れないほどの激痛!翌日に痛みは右腰に移動し、それに沿って帯状に発疹が。帯状疱疹と診断され、抗ウイルス薬と痛み止め、発疹に塗る軟膏を処方されました。発疹は1週間で好転したものの、痛みはその後1週間も。子育てでイライラせず、自分の体を過信しなければよかった……。H・Iさん(51歳・主婦)

こちらの記事もおすすめ

2023年『美ST』1月号掲載
取材/西岡直美、大佛摩紀、今福英美 イラスト/Nobby 編集/石原晶子

FEATURE

MAGAZINE

一生元気に!自愛ビューティ

40代50代に多い【帯状疱疹】って何?どうしたら防げるの?

2024年4月号

2024年2月17日発売

FOLLOW US

HOT WORDS

PRESENT & EVENT

Topicsそろそろ痩せたいと思ったら