HEALTH

「腰痛・太りやすい・疲れやすい」を解決できる【インソール】があった!

足裏はカラダの健康を支える大切な場所。でも多くの人は足を有効に使えていないため、バランス障害を引き起こしがち。 バランス障害は、さまざまな疾患や加齢が原因ですが、放置しておくと大変! 転倒のリスクだけでなく、体の歪み、関節への負担、 脂肪がつきやすくなるなど、健康寿命にも影響が。そんな足裏からのアプローチに着目したのが『Naboso(ナボソ)』(チェコ語で「裸足」の意味)です。 今回、美STのスペシャルセットを作っていただいたので、ぜひチェックしてみてください。

歩くだけで、コアトレ・代謝アップ・バランスケア!全身整うインソール

カラダのバランス・姿勢・歩行をサポートする「インソール」
生体力学的な観点ではなく、足裏に刺激を与えるために作られたインソール。超薄型のノンクッションタイプで、あらゆる靴に使えるよう厚さ2~3mmに。程よくしなり、足にぴったりフィット。インソールの表面にびっしりとある小さな突起が足裏に刺激を与えます。素足でも、薄手のソックスでも使用でき、スニーカーにも室内履きにもスプレイとの併用も可能です。ナボソ アクティベーションインソール¥8,250〈サイズ:S(22~24)M(24.5~26.5)L(27~29)XL(30~32)〉(NABOSO)

米国足病医が現代人の足の健康を考えて開発した「スプレイ」
靴は足を守る一方、足指本来の動きを制限します。その状態が続くと、支障が出てマメや怪我の原因に。この足指セパレーターは指にはめるだけで足指の可動域を本来の状態に戻し、スムーズな動きをサポート。足指のストレッチやハンマートウや外反母趾のケアにおすすめ。そのまま靴も履けます。ナボソ スプレイ¥3,740(NABOSO)

ナボソのインソール&スプレイはこちらから購入できます

エビデンスに基づいたテクノロジー

素材の感触
特有のテクスチャー(素材)が横揺れを減らすことで、バランスと安定性を改善することを見いだし、神経システムや研究に基づいた最適なテクスチャーの形状、高さ、間隔で作られています。

材質の硬度
インソールやマットの表面が、硬くなるほど足裏をより効果的に刺激し、横揺れが大きく減少することが判明。エビデンスに裏付けられた硬度により、足裏を効果的に刺激します。

靴のサイズに合わないときは、ハサミで自由に切ってご使用ください。

一時的な効果ではなく足元からカラダ全体をより良い状態に変化させていくことが目的

足の裏の皮膚には、素材、振動などさまざまな刺激に敏感な数千の小さな神経機械受容器が存在。これらの神経は、直立姿勢を維持し、姿勢筋を活性化し、衝撃をコントロールするなど重要な役割が。

米国足病医、動作のスペシャリスト、及びグローバルベアフットサイエンスのリーダー。世界中の専門家や患者に神経システムを活性化する方法を教えること、そして地面からの反力に対して足から体幹を安定させるという理論を確立することに注力。

洗えて、室内履きに、スニーカーに、入れ替え自在

インソールを入れるだけで足裏からシャキッとする実感が。初めは、部屋履きに入れていましたが、結構な刺激が気持ちよくクセになりました。今はスニーカーに入れてウォーキング時に愛用。代謝が高まり、動きまで軽快に! 手軽に使えて入れ替えも自在なので便利です。(美ST副編集長漢・漢那美由紀 51歳)

重心が安定し、しっかりと地面を踏み込めるように

ブルガリアンスクワットをやる時、いつもグラグラしていたのですが、このインソールを入れたら重心が安定し、しっかりと踏み込めるように! ウォーキングでも地面を捉えることができ、長時間歩いても疲れず代謝もUP。スプレイは足指が本来の位置に戻り、全身が整いました。(モデル・吉村ミキさん 51歳)

ナボソのインソール&スプレイはこちらから購入できます

こちらの記事もおすすめ

2023年『美ST』1月号掲載
撮影/山口恵史 取材・編集/沼田珠実 監修/漢那美由紀

FEATURE

MAGAZINE

一生元気に!自愛ビューティ

「腰痛・太りやすい・疲れやすい」を解決できる【インソール】があった!

2024年5月号

2024年3月15日発売

FOLLOW US

HOT WORDS

PRESENT & EVENT