HEALTH

グルメな人も絶賛!【話題の高級缶詰】は鍋料理にもアレンジできる!

今年の冬は、数年ぶりに友人や家族と集まる機会が増える方も多いのでは?そんな方に是非おすすめしたいのが、日本を代表する和洋中の超一流シェフが監修する、高級グルメ缶詰。リストランテ アクアパッツァ監修『鯖のアクアパッツァ』、懐⽯ ⼩室監修『黒豚と⽜蒡の⼭椒煮』、⾚坂 四川飯店監修『⿇婆牡蠣』と、どれも名店揃い。
そのなかから今回は『⿇婆牡蠣』を使ったおもてなしレシピをご紹介。美容にいい食材と組み合わせているから食生活が乱れがちな年末年始でも安心。超簡単なのに、お店の味に仕上がりますよ!

⾚坂 四川飯店監修『⿇婆牡蠣』をアレンジします!

\お酒のアテにも、ご飯のお供にも最高/

■⾚坂 四川飯店監修 ⿇婆牡蠣
内容:⽸詰(200g)2個⼊り 価格:3,960円(本体3600円)

四川料理の⽗・陳建⺠⽒が⽇本で最初に広めたといわれる⿇婆⾖腐。そのレシピを元に、創業以来、初めて作られた⽸詰がこの『⿇婆牡蠣』。広島県産のぷっくりとした牡蠣をふんだんに使⽤して、複雑な⾟みの中に牡蠣の滋味深さを味わえる逸品に仕上げられています。

今回はこの『⿇婆牡蠣』の缶詰を使ったアレンジレシピを、生活レシピ研究家の田内しょうこさんに提案してもらいました。
「刺激的な辛さがクセになる麻婆なので、牡蠣だけでなくタレまで生かしたいところ。長期保存が可能な缶詰は、急な来客に対応できるのもいいですね」(田内さん)。
缶詰自体が〝名店の味〟だから調味料要らずで簡単。美容にも配慮したレシピだから、女子会やママ友との集まりなど年末年始のおもてなし料理にぴったりのレシピです。

教えてくれたのは…生活レシピ研究家/サステナキッチン主宰 田内しょうこさん

教えてくれたのは…生活レシピ研究家/サステナキッチン主宰 田内しょうこさん

「一生もののサステナブルな料理の知恵」をテーマに、書籍や雑誌、ウェブサイトなどで情報発信中。心にゆとりが生まれる時短料理術を伝える。著書に『時短料理のきほん』(草思社)、『働くおうちの親子ごはん』(英治出版)など。「たんぱく質で朝ごはん」もライフワークでSTORYwebで連載を

【アレンジレシピ①】麻婆牡蠣のアボカドのせ

\のせるだけで贅沢な前菜に/

のせるだけで、とにかく簡単。なのに見た目は華やかだから、年末年始の人が集まるパーティでの前菜にぴったり。森のバターと呼ばれビタミンEが豊富なアボカドは抗酸化作用がある食材なので、お肌にも嬉しいおつまみです。

【材料(6〜8個分)】
『麻婆牡蠣』の缶詰…1/2缶
アボカド…1/2個
クリームチーズ…20g
バゲット…適量

【作り方】
①アボカドを8mm厚さくらいに切る。バゲットも同じくらいの厚さに切る。クリームチーズは室温に置いて柔らかくしておく。
②バゲットの上にクリームチーズを塗って、その上にアボカドと『麻婆牡蠣』の缶詰の牡蠣をのせる。仕上げに『麻婆牡蠣』の缶詰のタレを好みの量かける。

【アレンジレシピ②】麻婆牡蠣の小鍋仕立て

\名店の麻婆ダレの辛さにやみつきに/

ビタミンが豊富でアンチエイジング効果のある豆苗や食物繊維たっぷりのきのこなど、ヘルシー食材にもスパイシーなタレが絡んで箸が進み、たっぷり食べられます。シメには是非ご飯や麺を加えて、四川飯店の麻婆の味を余すところなく楽しんで!

【材料(2人分)】
『麻婆牡蠣』の缶詰…1缶
豆苗…1/2パック
きのこ2〜3種類(お好みのものを)…各1/2パック

【作り方】
①豆苗を5cm長さに切る。きのこは食べやすくほぐす。
②『麻婆牡蠣』の缶詰は牡蠣を取り出しておき、残りのタレを鍋にあける。倍量の水を加えて火にかけ、温める。
③ 鍋にすべての具材を入れて、豆苗ときのこに火を通しながら、牡蠣と一緒にいただく。

WEBサイト『半島は日本の台所』がプロデュースした高級グルメ缶詰って?

光文社が、国土交通省の半島振興の取組に参画し、2021年より「日本全国に“HANTO”の美味しい喜びをお届けします」をテーマに掲げてスタートしたWEBメディア『半島は日本の台所』。もっと多くの方々に半島生まれの美味しい食材を味わってほしいという思いから、日本を代表する和洋中の超一流シェフ監修の3種類の缶詰が開発されました。

シェフのインタビューやアレンジレシピを紹介した小冊子付き

⽸詰2つが⼊った箱の中には、半島の紹介、監修シェフのインタビュー、そして、年末年始のおもてなしにもぴったりなアレンジレシピ2例が掲載された⼩冊⼦も。

▼お買い求めはこちらから

銀座 蔦屋書店、六本⽊ 蔦屋書店、三省堂書店 有楽町店、草叢BOOKS 各務原店、草叢BOOKS 新守⼭店など。全国⼀部書店やHMV&BOOKS onlineなどネット書店にて数量限定で発売中です。

【kokode.jpより販売中】

■ご購入はこちらから

【HMV&BOOKS onlineにて販売中】

■リストランテ アクアパッツァ監修 鯖のアクアパッツァご購入はこちらから

■⾚坂 四川飯店監修 ⿇婆牡蠣ご購入はこちらから

■懐⽯ ⼩室監修 黒豚と⽜蒡の⼭椒煮ご購入はこちらから

レシピ・料理/田内しょうこ 撮影/志波慎寿介(アレンジレシピ分) 取材・文/根橋明日美 編集/菊池由希子

FEATURE

MAGAZINE

一生元気に!自愛ビューティ

グルメな人も絶賛!【話題の高級缶詰】は鍋料理にもアレンジできる!

2024年4月号

2024年2月17日発売

FOLLOW US

HOT WORDS

PRESENT & EVENT

Topics今、スキンケアで注意すべきこと