MAKE UP

カリスマヘアメイクが教える【小顔とデカ目の両方が叶う】眉の描き方

眉は時代を反映するともいわれるほど顔の印象を大きく変える重要なパーツ。大人の「可愛い」をあきらめたくないならポイントは眉メイク!地眉を生かしつつ複数アイテムで整えればピンクメイクとも好相性の、立体感のあるあか抜け眉へ。小顔効果はもちろん目力アップも叶います!人気ヘアメメイク・岡野瑞恵さんに教えていただきました。

「可愛い」ままあか抜ける大人の洗練眉

\いつものメイク/

メイクしてもらったのは……TEAM美魔女6期 津田あずみさん(45歳)

目を大きく見せたくて、がっつり囲み目アイラインをかれこれ25年近く更新していないので、なんとなく古い感じなのが気になっているという津田さん。美しい顔立ち&可愛らしい印象なので、まず見直したいのは眉ですね。複数アイテムを使って丁寧に仕上げてみましょう。最近の眉アイテムはテクスチャーも使いやすく、カラーも豊富になりました。1個で仕上げるよりも、アイテムを増やすことでより立体感のある自然な仕上がりが期待できます。また、本来の自分の眉の形を生かすことで若々しい洗練眉に。眉が決まるとメリハリが生まれ、たるみのある重いまぶたも引き締まって見えて小顔印象に。表情もいきいきとして目力も復活するので、「可愛いままあか抜けたい!」が叶います。

ヘア・メイクアップアーティスト 岡野瑞恵さん

教えてくれたのは……
ヘア&メイクアップアーティスト岡野瑞恵さん

さりげなくトレンドを取り入れた、上品で清潔感のあるメイクが好評。現場を明るく盛り上げる、巧みな話術と温かい人柄が魅力で数多くの女優、モデルからの指名が絶えない。

使ったアイテムはこれ

(左から)小回りのきく超極細ブラシがうぶ毛までキャッチして毛流れを整えながらツヤと立体感を演出。¥3,080(ADDICTION BEAUTY)、毛流れも描きやすい筆ペンタイプ。ウォータープルーフで美しい仕上がりが長時間持続。¥3,300、繊細なニュアンスで眉1本1本描き足せる細芯タイプ。付属のブラシでふんわりぼかせば立体的な理想の眉に。¥4,180※セット価格(ともに資生堂)

【眉メイクのOkano’s Point!】カラーは瞳の色により近いブラウンで3種のタイプと質感を変え自然で洗練された大人眉に

ブラウンのペンシルで眉の形を整えます。自分の眉の形を生かしながら不足部分に肉づけしていきます。毛がない部分にはグレーのリキッドで1本ずつ毛を描き足して、眉マスカラで毛流れと毛溜まりを調整すれば、ナチュラルな旬の眉が完成。

メイクのやり方は?

1:眉山から眉尻へ太らせつつ眉のフレームを作ります

最初にスクリューブラシで毛流れを整え、アイブロウペンシルで眉のフォルムを描いてベース作り。元々の眉毛を太らせながら、骨格に合わせて描いていきます。濃い色は避けて、優しい色みの茶色を選ぶと眉が主張しすぎず、柔らかな仕上がりに。細芯タイプで繊細に描ける。インウイ アイブロウペンシル 02 アッシュブラウン ¥4,180※セット価格(資生堂)

2:毛がない部分は植毛するように1本1本丁寧に描き足します

(上)毛がない隙間の部分は、1本ずつ植毛するように丁寧に毛を描き足して毛量感を調整します。眉の隙間は老け印象を強調します。常に毛流れを意識して、鏡で全体のバランスを確認しながら少しずつ描き足すと仕上がりが自然に。(下)眉頭は下から上へ描きます。リキッドアイブロウは地眉毛の色に近いグレー系を選ぶと立体感がアップし、眉が自然に見えて、リアルな毛が生えたようなふさふさ感に。メリハリのある毛流れでよりナチュラルに若々しく。水や皮脂に強く、美しい仕上がりが長時間持続。インウイ アイブロウリキッド 01 アッシュグレー ¥3,300(資生堂)

岡野さん「単色単一アイテムではなく複数の質感を重ねることで自然で優しい旬の眉が完成します」

3:マスカラで地毛と馴染ませ毛流れを整えてツヤと立体感を

眉を描いた部分と地毛を馴染ませます。特に眉中の毛溜まり(毛流れが交差しているところ)は、毛流れに逆らうように塗ってカラーリング。眉マスカラは、アイメイクとのバランスで色選びを。ベーシックなブラウンの他、ピンクやレッド系などで雰囲気を変えられます。アディクション アイブロウマスカラ マイクロ007 Chestnut ¥3,080(ADDICTION BEAUTY)

大人の洗練眉メイクで上質感や知性を感じる可愛さに

ピンク系のアイシャドウでまぶたを彩り、上まつ毛は黒マスカラ、下まつ毛は紫マスカラでニュアンスを。チークは血色感のあるオレンジ系で。口紅は肌馴染みの良いピンクベージュでオーバーリップにラインを取りふっくらと。眉が整い一気に洗練されて、大人の可愛い魅力も引き出します。

津田さんいかがでしたか?

眉を変えただけで、柔らかな印象になり一気にあか抜けました。目をハッキリ可愛く見せるという好みもしっかり。あか抜けない歴25年を卒業できました!眉って大切ですね。腫れぼったくなるので諦めていた憧れのピンク系メイク!今回使用したコスメを買いに走りたいと思います!

<衣装クレジット>
ニット¥49,500(デザインワークス/デザインワークス 銀座店)イヤリング¥5,940(アビステ)ネックレス¥8,800〈エイチアッシュ〉リング¥14,300〈イン ムード〉(ともにフォーティーン ショールーム)

2024年『美ST』3月号掲載
撮影/天日恵美子〈人物〉、相澤琢磨〈プロセス〉、五十嵐 洋〈静物〉ヘア・メイク/岡野瑞恵(STORM)スタイリスト/平沼洋美 取材/中井川桂子 編集/小澤博子

FEATURE

MAGAZINE

一生元気に!自愛ビューティ

カリスマヘアメイクが教える【小顔とデカ目の両方が叶う】眉の描き方

2024年8月号

2024年6月17日発売

FOLLOW US

HOT WORDS

PRESENT & EVENT