MAKE UP

大人の肌にもなじむ【大粒ラメシャドウ】の選び方&メイクテク

大人世代には難しいと思われがちの大粒ラメシャドウ。久しぶりのイベントの時は思い切って楽しんで!範囲を絞ってメリハリを出せば、大人の魅力がアップします。気分が上がるキラキラのラメシャドウを、美ST世代らしく大人っぽくまといましょう。

キラキラ大粒ラメシャドウ

粒が大きめのラメは大人世代には難しいとよく言われますが、ここぞのイベント時にはやっぱり使いたいもの。ポイントを絞り、狭い範囲に使ってメリハリを出すとその魅力を十分に発揮できます。自信を持ってラメを存分に楽しみましょう!ジャケット¥73,700(Waltz[AKIRANAKA×STUNNING LURE]/スタニングルアー 新宿店)ワンピース¥29,700(カデュネ/カデュネ プレスルーム)リング¥341,000 ピアス¥286,000(すべてnarin.)バッグ/スタイリスト私物

チップでアイホール全体にラメシャドウを広げ、締め色を黒目の上と目頭にポイントで効かせます。ラメシャドウは涙袋にも。上まつ毛の隙間にこげ茶のリキッドライナーで引き締めます。

他にもオススメの大粒ラメ▶︎▶︎

左から:ベースの色を活かしてキラキラ質感に変えるスノーラメ。エレガンス ラズル アイカラー 36 ¥2,310※1/17発売(エレガンス コスメティックス)様々なカラーラメがちりばめられた大人の華やぎセピアカラー。UNMIX アイシャドーペン 04 セピア ¥2,860※1/15発売(UNMIX)

こちらの記事もおすすめ

2022年『美ST』2月号掲載
撮影/渡辺謙太郎<人物>、大槻誠一<静物> モデル/ヨンア ヘア・メーク/AYA(TRIVAL) スタイリスト/土田麻美 取材/中田ゆき 編集/佐久間朋子

FEATURE

MAGAZINE

一生元気に!自愛ビューティ

大人の肌にもなじむ【大粒ラメシャドウ】の選び方&メイクテク

2024年7月号

2024年5月16日発売

FOLLOW US

HOT WORDS

PRESENT & EVENT