MAKE UP

【スポンジが決め手】ヘアメイク直伝!絶対崩れないメイクテクニック

秋の台風や大雨での湿度……不快指数が高いとメイクもどんどん崩れがちに。美しく保つには、ますます進化しキープ力がアップしたファンデーションと塗り方が必須。夕方までずっと綺麗な肌を保てるベースメイクのポイントを人気ヘア・メークの川村友子さんに聞きました。

きちんとカバーした端正な上品さ極まる肌で一日快適に乗り切れます

メークが崩れにくい肌づくりで重要なのは、凹凸と色、肌のノイズを消すこと。まずは、肌をクールダウンし、毛穴を引き締めるところからベースメークが始まります。下地やファンデーションはすべてスポンジで塗り、肌表面をフラットにならすよう、しっかりと密着させます。必要なところのみコンシーラーでカバーし、基本的には化粧膜が重層化しないように。水スプレーでフィニッシュすれば、夕方まで肌と一体化したベースがキープできます。

長時間のテレビ収録や海外ビーチでのロケなど、あらゆる撮影現場を経験しているベテラン。今っぽい上質な肌作りは、実用的なテクニックが満載です。

消したいところからスポンジづけでしっかりフィックス

ほどよいカバー力があり、ひと塗りで端整なセミマット肌に整えてくれます。毛穴や色ムラを目立たなくし、きちんとしたシーンに堂々と臨める上品な肌印象です。皮脂や汗に強く、まるで陶器のようなサラッときめ細かい質感を一日中キープします。ラスティングコントロール機能を採用し、化粧直しを忘れるほどに一日中美しい肌状態が続く。サラサラとしたマットな仕上がり。タンフリュイドエクラ マット 全8色 SPF20・PA+++ ¥14,300〈編集部調べ〉(クレ・ド・ポー ボーテ)

Step1:プレメーク

①メーク前マッサージは、毛細血管を刺激しないように。頭皮、眉骨、こめかみ、耳後ろ、あご周りなど骨部分を指のはらでプッシュ。
②水スプレーをコットンに吹き付け、鼻横の毛穴が目立ちやすい部分に貼り付けます。水分を与えながら皮膚温を下げ、ほてりを鎮めて。

Step2:下地

手の甲に下地を出し、スポンジに取って全体に馴染ませていきます。細かく叩くことで毛穴まできちんと密着し、赤み、崩れを抑えます。
透明感を演出する美白下地。ヴォワールルミヌ SPF38・PA+++ [医薬部外品] ¥7,150〈編集部調べ〉(クレ・ド・ポー ボーテ)

Step3:コンシーラー

①目の下のクマは、ファンデーションの前にカバー。クマに適している右上のオレンジベージュを平筆で肌に置き、指で塗り広げます。
②赤みの出やすい小鼻の横、口角などは、ファンデーションを塗ってから、下2色を混ぜて自分の肌色に近い色を作り、最低限カバー。
なめらかで高密着。様々な肌悩みに対応する4色パレット。トーンパーフェクティング パレット 00 ¥4,950 ※8/21発売(コスメデコルテ)

Step4:ファンデーション

①最初につけた部分が最もカバーされるから毛穴が大きい部位から。スポンジにファンデを取り、叩き込みます。ここが綺麗だと顔全体が美肌見え。
②次に、鼻と額に。鼻筋はスーッと下ろすように、額はトントンと。基本的にはファンデーションは最初にとった分だけ。つけ足しません。
③赤みの出やすい目尻、口角、小鼻周りは、スポンジの角を使って小刻みにトントンとカバー。重ねることで顔全体の色ムラをなくします。
④最後に輪郭に軽く馴染ませます。内側から外側へ向かってサッサッと。これで中央部分はしっかり、外側が薄くカバーされ、立体的な肌感に。

Step5:パウダー

皮脂が浮きやすい眉の周りや小鼻の周りは、パウダーをのせることでサラサラ、かつ、フィックス感がアップ。大きめのブラシでのせていきます。
スキンケアしながら快適な肌を一日中保ちます。エレメンタリー フェイスケアパウダー Renka ¥9,680(ITRIM)

目の下から頰の高い位置にハイライトをオン。ここがツヤツヤしていることで、若々しさがプラスされます。赤みや毛穴を飛ばす効果も。
多彩な光を放つプレシャスオパールパウダー配合。ル・レオスールデクラ 201 ¥9,350(ケースセット価格)(クレ・ド・ポー ボーテ)

Step6:仕上げ

最後にたっぷりと水スプレーを。重ねた下地、ファンデーション、コンシーラー、パウダーが馴染み、揮発するときに、より肌に密着します。
微粒子ミストがフレッシュ感を高め、心地よく肌をクールダウン。エビアン フェイシャルスプレー 150㎖ ¥1,265〈編集部調べ〉(フィッツコーポレーション)

メーク直しは?

オフィスでのリタッチは、手が汚れないクッション型が断然便利。出てきた皮脂をほどよく馴染ませ、ほんのりツヤ肌に整えてくれます。
ジェリー膜が極薄カバー。みずみずしくひんやり。ドラマティッククッションジェリー 全3色 SPF50+・PA++++ ¥4,620〈編集部調べ〉※9/21発売(マキアージュ)

こちらの記事もおすすめ

2022年『美ST』10月号掲載
撮影/岡本 俊(まきうらオフィス)〈人物〉、吉田健一〈静物〉 モデル/山田 優 ヘア・メーク/川村友子 スタイリスト/Toriyama悦代(One8tokyo) 取材/吉田瑞穂 編集/漢那美由紀

FEATURE

MAGAZINE

一生元気に!自愛ビューティ

【スポンジが決め手】ヘアメイク直伝!絶対崩れないメイクテクニック

2024年5月号

2024年3月15日発売

FOLLOW US

HOT WORDS

PRESENT & EVENT