MAKE UP

【大人のアイライン】レジェンドが伝授する描き方のキホン

ヘアメーク人生42年の藤原美智子さんがずっと変えなかったメークのひとつが“アイラインの描き方”。時代が変わってもパーツの輪郭は変わらないから、変える必要がないのだとか。藤原さんのアイラインの描き方をマスターすれば、一生使えるテクニックに!ぜひこの機会に習得を。

時代が変わっても輪郭は同じ。マスターすれば一生もの

トレンドは変化しますが、42年間、眉、アイラインとリップラインはずっと同じでした。各パーツの輪郭を本来あるべき形に整える役割なので、トレンドに影響を受けないのです。ポイントは、正しい位置を覚えてセオリー通りに描くこと。そして、最後にアウトラインを調節すること。同じように描いても、ぼかせば自然に、ぼかさなければシャープにと印象が変わります。大人の知性は細部の処理に表れるもの。少し練習が必要ですが、必ずマスターしてください。

美容学校卒業後、’80年より松永タカコ氏に師事。約2年半に及ぶアシスタント時代を経て独立。以降、42年間美容の第一線で活躍。’22年4月19日をもってヘアメークの活動を終了。

使うのはこれ1つだけ!

美ST世代が選ぶべきは扱いやすいリキッドライナー一択。色はブラックかダークブラウン、パールや赤みを感じるノーブルなブラウンでも。インディストラクティブルアイライナー 02 ¥3,850(THREE)

How to Make-up

アイラインが綺麗に描けると、目幅が広がり、ぼんやりした目元もパッチリ。順番は眉より先、アイシャドウの後に。根元が見えるよう鏡は少し下から覗いて。眉を軽く上げると見えやすい。

①まつ毛の上からブラシを入れて隙間を埋めたら、まつ毛の内側も同じように。隙間を残さないで。
②目尻は自然に目のフレームに沿ってなだらかに。
③目尻のまつ毛下の三角地帯の塗り漏れに注意し、
④最後に太さを調節した後、輪郭を綿棒でぼかして。

\ポイント/

アイラインを描くときは、鏡は少し下にセットしてからメークを始めて。

こちらの記事もおすすめ

2022年『美ST』8月号掲載
撮影/峠 雄三〈人物〉、大槻誠一〈静物〉 ヘア・メーク/藤原美智子 モデル/橋本マナミ スタイリスト/Toriyama悦代(One8tokyo) 取材/大山真理子 編集/長谷川 智

FEATURE

MAGAZINE

一生元気に!自愛ビューティ

【大人のアイライン】レジェンドが伝授する描き方のキホン

2024年4月号

2024年2月17日発売

FOLLOW US

HOT WORDS

PRESENT & EVENT

Topics今、スキンケアで注意すべきこと