MAKE UP

【ベスコスメーク】リップ賞1位を使えば誰でも似合うおしゃれ顔に!

マスクが日常となった今期、リップはマスク対応が標準に。2021年のベストコスメ・リップ賞で人気が集まったのは、しっかり発色するのに軽くラフに使えるシアーマットリップでした。あええてほのかに透かし、着け心地はナチュラル。メークのコツをヘアメークさんに教えてもらいました!

軽やかマットなシアーリップはディープな赤もラフに映える

トレンドはカラーより質感に。リップクリームのように気負わず塗れる軽やかなマットリップなら、チャレンジカラーも人目を気にせず投入可能。好きな色を思う存分楽しんで。ネックレス¥63,800(アルティーダ ウード)その他(スタイリスト私物)

【リップ賞1位】SUQQU/シアー マット リップスティック 07

あえてほのかに透かす繊細な仕上げがもっとモードに軽やかに

シアーマットな発色で見た目に鮮やかな色も驚くほど自然に馴染む。濃いのに軽く今っぽい。淡く重ねるほど印象が増し、1本で様々な表情に。全13色の中でもややモードな雰囲気に導く濃密ウォルナットブラウンに票が集中。¥5,500<セット価格>(SUQQU)

【おすすめポイント】ストレスフリーに唇を染め上げどんな自分にも自信をくれる

マスク生活にも慣れてきた今期は、リップも豊作。カラバリも豊富で色選びに迷う人も多いかもしれません。共通するのは軽やかさ。見た目が濃い挑戦色に見えても唇をシアーに彩り、ムリなく品格を上げてくれます。たとえマットな質感でも、想像以上の軽やかさを装備。どんな色を選んでも、誰にでも必ず似合うはずです。

How To Use▶︎▶︎

自分の唇の通りに直塗り。従来のマットリップよりかなり軽い質感で発色も見た目よりナチュラルだからリップリームのようにラフに塗ってOK。

仕上げにリップラインを指で軽くぼかすように整えると、より自然に馴染みます。マスクへの色移りも緩和。色落ちしてもキレイで上品な印象をキープ。

こちらの記事もおすすめ!

2022年『美ST』2月号掲載
撮影/吉田 崇<橋本さん>、吉田健一、岡﨑恒彦、Youjin Lee(aosora)、五十嵐 洋<すべて静物> モデル/橋本マナミ ヘア・メーク/岡田知子(TRON) スタイリスト/青木千加子<モデル>、坂下シホ<静物> 取材/中井川桂子、森島千鶴子、大山真理子 編集/漢那美由紀、小澤博子

FEATURE

MAGAZINE

一生元気に!自愛ビューティ

【ベスコスメーク】リップ賞1位を使えば誰でも似合うおしゃれ顔に!

2024年7月号

2024年5月16日発売

FOLLOW US

HOT WORDS

PRESENT & EVENT