PEOPLE

その仕草、実は【オバさん】に見えます!大人のNG動作4つ

メークやファッションをどんなにキメていても、随所にオバさんっぽさを感じさせるオバボディランゲージ。自分を振り返って、ドキッとしちゃう仕草はありませんか? 素敵な大人の女性であり続けたい方は、こちらを読んで直しておきましょう。オバさんっぽいNG仕草4つを紹介します。

1:食事中に歯につまったものを舌でまさぐる

年々歯の隙間が少しずつ広がってきたからか、歯間につまる肉の繊維や葉ものなどが大きくなってきて、一度つまるとなかなか取れない。米粒が唇と歯茎の間に入り込むとこちらも取れない。食事中にさりげなく取ろうと舌でまさぐると逃げられちゃって変顔が長引きます。水を含んで隠しながらサッと飲み込むか、携帯フロスをポーチに入れておき、食事中は我慢してトイレタイムにきっちり取りましょう。

2:とにかく人目を気にしないで大声で盛り上がる

みんなで盛り上がり始めると、自分の声がかき消されないように少し声を大きめに。その声にかき消されまいと次の人はもう少し声が大きくなり、無限ループでどんどんその輪の声のトーンが大きくなることありますよね。ホームパーティーやクローズドな場所なら良いけれど、TPOをわきまえて。素敵な大人の女性は自分ファーストではなく、常に周りの状況に気を配る余裕がある相手ファーストな人です。

3:老眼でスマホと顔の距離が遠すぎて、老眼鏡ズラし、顎が穴子さん、顔はしかめっ面になっている

さっきまで普通に話していた友達が、スマホ画面を見ようとした途端に、みるみるうちに手が伸びて。さりげなく顎を引いて見える角度を探しているけど、顎がなくなってサザエさんの穴子さんみたいに……。目を細める仕草を繰り返していると眉間にシワが刻まれてしまうので、シワ予防のためにも不自由を感じたら素敵な老眼鏡を使ってみて。最近は鼻パッドなしでお化粧が崩れにくいタイプもあるんです。

4:ずるずるとゾンビのように歩く

朝の通勤時間はあまり見かけないけれど、暑い日や帰宅時間になると顔が前に出て肩は下がり、背中も膝も曲がってズルズルズルと歩く人が増えてきます。正しい歩き方って、ポイントがいくつもあって意外と難しい。筋トレなどが苦手な人は、日ごろから正しい姿勢で立つように心がけると歩き方が改善されるそう。あとは歩くときに腕を後ろに振るようにイメージすると、それだけでもゾンビっぽさはかなり改善されます。

こちらの記事もおすすめ

2022年『美ST』9月号掲載
イラスト/鈴木七代 取材/菊池真理子 編集/伊達敦子

FEATURE

MAGAZINE

一生元気に!自愛ビューティ

その仕草、実は【オバさん】に見えます!大人のNG動作4つ

2024年8月号

2024年6月17日発売

FOLLOW US

HOT WORDS

PRESENT & EVENT