PEOPLE

【小林麻美さん・70歳】の現在「若さはあっという間だけど魅力は80歳でも消えない」

日本人離れしたアンニュイな雰囲気と都会的なファッションに誰もが憧れた小林麻美さん。70歳となった今も永遠のミューズ、ステキな大人の女性であり続けています。

伝説のミューズは、あの頃から40年を経た今も素敵に歳を重ねています

お話を伺ったのは…小林麻美さん(70歳)

《Profile》
’53年生まれ、東京都出身。’72年「初恋のメロディー」で歌手デビュー後、資生堂、パルコなどのCMが話題に。’91年、出産、結婚を機に引退。’16年雑誌「クウネル」の表紙で復活、話題に。

若さはあっという間になくなるけど魅力は80歳になってもなくならない

10年前、還暦の声を聞いたときは、肉体も精神的にも変化なく、ショックもないし余裕でした。5年後の65歳、定義は高齢者でしょ。「そうなの?」と思ったけれど「別に」って感じ。「インフルエンザの注射が無料。嬉しいわ」って。そして69歳では70歳の壁は大きすぎて、すごく戸惑ったけれど「ま、いいか」と、ひょいと飛び越えた。

次、80歳は「うーん」と思いますが、20代のとき、夫からの「若さはあっという間になくなる。そこから先はどれだけ魅力的でいるか。フランスの女優は80歳でも魅力的な人はいる。だから若さでなく自分の魅力を磨け」という言葉はずっと残っています。

10代20代からフランス映画を観て、仕草、歩き方、ファッション、ヘアスタイルなどをすべてフランス女優から学びました。今でもフランス映画やフランス人のピンタレストを見て、着崩し方を参考にしています。フランス人は計算してないように見えて計算している。それが素敵。

若い頃から白シャツ、プリーツスカート、紺ブレが好きで、今も変わっていません。体型も体力もそんなに変わってないのはやっぱり努力してるから。運動は苦手でしませんが、週1〜10日ペースで子供の頃から整体を受けています。今は整体で教えてもらうストレッチを家でやってますね。母の教えで中学生からの習慣です。

さらに65歳からよく歩くようになりました。車の運転も好きですが、電車を使うと階段もあるし、それだけで運動になるのであえて利用しています。元々歩くスピードは速いのに最近ゆっくり歩いていることに気付き、若い方の後を同じスピードで歩くようにしています。

ところがスニーカーばかりになったので、ときどき気合いを入れて家でハイヒールで歩く練習を。姿勢の訓練になりますね。また体重計は持っていませんが、細身の戒めデニムをはいて体型チェックも。

食事バランスは、朝昼晩を3:5:2の割合に。揚げ物が大好きなので、昼に食べ、夕飯は軽く。その方が体調がいいですね。好きなものを食べているからノーストレスです。

習慣と言えば、酒粕に水と砂糖を混ぜた手作り甘酒を毎日飲んでいます。骨折はしましたが大きな病気はなく、今日まで元気で生きています(笑)。美容はストイックではないけど、絶対に日焼けをせず保湿命。韓国コスメが好きで、出合ってからは透明感が出るようになりました。食生活も美容も深く考えすぎず、何でも単純がいいんじゃないかな。

面白そうと思ったら心のままシンプルに「行く行く、やるやる」って言っちゃう方。そこは何歳になっても変わりません。生き方を深く意識していませんが、自分は強運だな、と昔から言い聞かせています。占いや周りに振り回されず、何でも自分で決めた方向に身軽に楽しく生きていたい。

今はアルゼンチンタンゴを習うのが夢。私より背が高い外国のカッコイイ先生がいたらいいな(笑)。

《衣装クレジット》
洋服、小物はすべて本人私物

2024年『美ST』7月号掲載
撮影/須藤敬一 ヘア・メーク/岡野瑞恵 取材/安田真里 再構成/Bravoworks,Inc.

FEATURE

MAGAZINE

一生元気に!自愛ビューティ

【小林麻美さん・70歳】の現在「若さはあっという間だけど魅力は80歳でも消えない」

2024年9月号

2024年7月17日発売

FOLLOW US

HOT WORDS

PRESENT & EVENT