SKINCARE

【おばさん背中を解消】1分で天使の羽が復活する簡単ストレッチ

見た目がなんとなくオバサンになってしまうのは、若い頃に比べて姿勢が崩れて余計なところにお肉がついてしまうから。もっさりしてしまったオバサン背中をスッキリさせる簡単ストレッチを紹介します。

大胸筋と肩ストレッチで肩甲骨を柔らかく、美姿勢で天使の羽が復活

姿勢が悪くなることで猫背となり、その状態が長く続くことで典型的な背中の丸みや厚みの原因に。肩甲骨が華奢に浮き出る天使の羽はどこへやら。背中全体の筋肉が硬くなり、背中の血液・リンパが滞りやすくなることで下着の食い込みなどが目立つハミ肉となるのです。姿勢の悪さは大胸筋が内側に入ってくることが根本的な原因のため、背中だけでなく、同時に胸を開く動作となるストレッチが姿勢改善には効果的です。

1:壁を使ってラクラク直角キープで肩甲骨まわりをストレッチ

①壁の近くに足を揃えて立ち、右手から右肘を壁に浮かないように付けます。肘は肩の高さと一直線に、肘が下がりがちなので90度に曲がっているかフォームを確認します。

②壁に付けた手と同じ右足を軽く一歩前に踏み出します。あまり大きく踏み出してしまうと上体が反ってしまうので、体が反ることなく上体をひねることができる程度に。

③右足を一歩前に踏み出し、体を左側にねじると肩甲骨が寄ってきて肩甲骨まわりのストレッチに。同時に右肩の付け根の筋肉のストレッチにもなります。大胸筋と肩の付け根の筋肉が内側に入ることで引っ張られて猫背になるので、ここが伸びることで背中の筋肉も緩み動きやすくなって背中のハミ肉も落ちやすくなります。それぞれの筋肉の伸びを感じながら1分間ストレッチ。1分経ったら反対に向き、左側も同様に1分間ストレッチします。

2:100均突っ張り棒を逆手に持って上下に1分で背肉落とし

①腰骨の高さに長さを調節した突っ張り棒を背中にセットし、逆手で棒の下から棒の両端を軽く握ります。肩から肩甲骨まわりの背肉へのアプローチは肩のストレッチページを参照。

②肩甲骨の下から腰骨にかけて滑らせるように、背中の肉をこそげ落とすようなイメージで1分間上下させると背中のハミ肉解消に。肩が開く動作なので、猫背の改善にも役立ちます。

見落としがちな背中ケアは手の届かない部分の質感が鍵

左から、やわらかな山羊毛で肌の弱い方にも安心。スーヴェ ボディブラシ ロング(ソフト)W53×D288×H56mm¥15,400(SHAQUDA)、背中ニキビを防ぐ薬用有効成分配合。薬用石鹸 For Back.[医薬部外品] 135g¥550(ペリカン石鹸)、ひと吹きで毛穴を詰まらせにくくし、どんな角度からもスプレーできるボディ用ローション。オルビス クリアボディ スムースローション[医薬部外品] 215ml ¥1,430(オルビス)、背中や胸元のニキビにお悩みの方に、殺菌・抗炎症・保湿成分たっぷりで逆さまでも◎。薬用アクネレスピールローション [医薬部外品] 200ml ¥2,530(ドクターシーラボ)

こちらの記事もおすすめ

2022年『美ST』9月号掲載
撮影/岡本卓大、清水ちえみ〈人物〉、 河野 望〈静物〉 ヘア・メーク/Sai スタイリスト/Toriyama悦代(One8tokyo) モデル/中川絵里菜(TEAM美魔女) 取材/菊池真理子 編集/小澤博子

FEATURE

MAGAZINE

一生元気に!自愛ビューティ

【おばさん背中を解消】1分で天使の羽が復活する簡単ストレッチ

2024年8月号

2024年6月17日発売

FOLLOW US

HOT WORDS

PRESENT & EVENT