SKINCARE

【フェイスラインの美容医療】55歳美魔女の「糸リフト」ビフォーアフター

フェイスリフトの新常識、糸リフトが空前のブームに!レジェンド美魔女・坂村かおるさんがトライしました。美ST統括編集長・桐野も気になる顎まわりを脂肪吸引&引き上げて、驚きの大変身。フェイスラインさえ整えれば永遠の若さが手に入ります!

サクションリフト(顎下脂肪吸引+糸)で後戻りなく確実な仕上がりに

過去3回糸を入れていますが、今回夫や娘からトレードマークと言われていた二重あごの脂肪がすべて取れ、‐10kg、-10歳見えとウサコに言われ、横顔チェックするたび心躍っています。

複数回による高周波ハイフ、クライオ治療、フェイスタイト、糸などその時流行の数多の治療を体験してきた桐野ですが、二重あごだけはどうにもならず、ついに奥村先生の元へ!注射器は採取した脂肪、手で摘んでいるのが脂肪吸引後の余剰皮膚。吸引後は糸(アンカーデラックス)で引き締めていきますが、後戻りはほとんどなく、スッキリフェイスラインは持続します。術後圧迫や冷却がとにかく大切なのですが、施術後、会食に向かった桐野。美しくなるためにはガッツと忍耐も必要なのです。

TRYしたのは……美ST統括編集長 桐野安子(49歳)

奥村先生のサクションリフトの記事を見た桐野から「やりたい!」と連絡が。まず、心配したのはダウンタイムだったのですが、腫れている状態でも編集部では「凄い!シュッとしてる」とザワザワ。「こうなると、他が気になる」のがいつものパターン。美STの美容医療は編集長自らの体当たり体験記だから、説得力が他とはまったく違うんです。

施術してくれたのは▶︎▶︎

ルクスクリニック院長 奥村智子先生

ルクスクリニック

新宿区新宿2-12-8ACN 新宿ビル6F ☎03-3350-0694 脂肪吸引顎下¥195,000、アンカーデラックス/テスリフト各1本¥66,000、4本¥250,800、症状によって糸の本数は変わります。サクションリフトは糸だけとは違って、効果が長く劇的な変化を得られますが、脂肪吸引は症例数の多いドクターに頼むことが大前提。なんと、奥村先生は脂肪吸引オペが一番好きなオペだとか。

目元とフェイスラインが更にシャープに糸でスッキリ!

ドクターにとっては変化がわかりにくいやりづらい症例です。上瞼とフェイスラインはすでにシャープな印象に変化していますが、半年後の変化も追いたいところ。また糸の材質であるPCLやPDOは、体内でコラーゲン産生効果を促すため、美肌効果も期待できます。すっかりたるみ治療において市民権を得た糸は、引き続き要チェック。

「顕著な老化がまったく見られない坂村さんは、顎のラインの改善と上瞼のわずかな被りにポイントを絞りました。顎の輪郭のライン上に垂直にいれた糸は、1カ月経過してから効果があらわれてきます。全体をバランス良く引き上げ、凸凹をなくし、どこから見ても滑らかな輪郭を描くように仕上げるのが大切です」(鈴木先生)

TRYしたのは……TEAM美魔女・第1回LEGEND第10回グランプリ 坂村かおるさん(55歳)

先生とスタッフの方の丁重な対応が信頼でき、施術後は痛みもなく内出血も少なく、すぐにフェイスラインが上がって、肌のキメが整い大満足です。

施術してくれたのは▶︎▶︎

ドクタースパ・クリニック 院長 鈴木芳郎先生

ドクタースパ・クリニック

渋谷区恵比寿西2-21-4 代官山Parks2F ☎0120-022-118 オートクチュールメルティスレッド¥440,000~、悩みや予算に合わせてコースが用意されているので要相談。症状に合わせて適材適所に複数の様々な糸を使用するメソッドは鈴木先生オリジナル。アンカースレッドは開発から関わり、最近では初のスレッド入門書『スレッドリフトのセオリー』を出版したばかり。

黒柳徹子さんが「フェイスラインさえ崩れなければ、何歳になっても娘役だってできるの」と話していたのを聞いて確かに♪と納得。大流行の糸で、あーでもない、こーでもないとマシンの良し悪しに振り回される試行錯誤の日々は終了。

こちらの記事もおすすめ!

2022年『美ST』10月号掲載
撮影/オノデラカズオ、清水ちえみ、中林 香、楠 聖子 取材/Dr.ウサコ、兵藤美香 編集/小澤博子

FEATURE

MAGAZINE

一生元気に!自愛ビューティ

【フェイスラインの美容医療】55歳美魔女の「糸リフト」ビフォーアフター

2024年4月号

2024年2月17日発売

FOLLOW US

HOT WORDS

PRESENT & EVENT

Topics今、スキンケアで注意すべきこと