SKINCARE

美容のプロが教える【肌悩み別】おすすめ美容液9選

しみ、シワ、たるみ…エイジングサインが気になり始めた肌にまず投資するなら美容液がおすすめ!今回は個別のお悩みに特化したものからオールラウンダーなものまで、美容のプロによる選び方や使い方のポイントとともにお届けします!

一般社団法人日本化粧品検定協会 代表理事、コスメコンシェルジュ。化学修士としての科学的視点から美容、コスメを評価できるスペシャリスト。著書は『「私に本当に合う化粧品」の選び方事典』(主婦の友社)など13冊。

スキンケアが効かなくなったと感じたら…【ブースター使いができるプレ美容液】がおすすめ!

2009年に登場し2019年に2代目に。7種類のプレ/プロバイオティクス由来成分を配合。1滴の中に3,000万個もの酵母菌が含まれる。ジェニフィック アドバンスト N 30ml ¥11,550(ランコム)

【選び方・使い方のポイント】浸透技術に優れた緩やかなとろみがある製品を洗顔の直後に。

「ブースター使いのできる美容液には、浸透をよくする引き込み型、不要な角質を取る角質ケア型、肌を柔らかくするオイル型があります。プレ美容液ブームを作ったランコムのジェニフィックアドバンスト Nは、洗顔で一度死んでしまった常在菌を回復させてから次のステップへ、という働きをします。最近は単純なブースターではなく、プレミアムプレ美容液が多く登場しています」(小西さん)

肌悩みが多すぎる時は…【マルチタスクの総合美容液】

2009年に誕生し5代目となる「母細胞」に着目した幹細胞美容液。クスノハガシワエキス、紅茶エキス、ナス果実エキス配合。セルアドバンスト セラム WS 40ml ¥14,300(カバーマーク)

【使い方のポイント】エイジングを感じた時や肌全体をリセットしたい時に、化粧水で整えたあと顔全体と首筋に塗るのが効果的。

「あらゆる悩みにアプローチするマルチタスク美容液の理想は、幹細胞美容液です。修復だけでなく再生に近づくので、肌全体を立て直すことができます。停滞しているシミが排出され、ハリや弾力、たるみなどのエイジングケアなど、さまざまな働きが期待されます。幹細胞系は西欧よりも特に韓国や日本で人気です」(小西さん)

肌悩み別おすすめ美容液

【美白】に特化した美容液

ピュアビタミンCを極限濃度配合し、奥深く浸透。オバジC25セラム NEO 12ml ¥11,000(ロート製薬)

【選び方のポイント】各段階でシミをブロックする製品を選ぶ。

「美白有効成分の中で唯一、色素還元効果があるビタミンCは美白の元祖と言えます。今ではピュアビタミンCの配合量や誘導体の種類も増えました。通年美白のため保湿効果も重視」(小西さん)

【シワ】に特化した美容液

ナイアシンアミド、ハリ付与成分配合。エスト リンクル ソリューション プラス【医薬部外品】20g ¥11,000(花王)

【選び方のポイント】理想のハリ肌別に選ぶ。

「シワ美容液の第一次ブームの成分は2017年ポーラのニールワンと資生堂のレチノール、第二次が2019年ナイアシンアミド、今はナイアシンアミドとレチノール。各社の浸透技術やプラスの機能が多彩です」(小西さん)

【たるみ】に特化した美容液

表情筋と筋膜にアプローチ。アンフィネス アップサージソリューション S 40ml ¥11,000(アルビオン)

【使い方のポイント】つけ方も大事。持ち上げるようにつけるのは基本。

「表皮を強化して外側から支えたり、コラーゲンとエラスチン、SMASや表情筋にアプローチするような製品も出てきました。今、各メーカーが注力している分野です」(小西さん)

【毛穴】に特化した美容液

ライース®クリアセラム No.6【医薬部外品】 30ml ¥5,500 販売名:薬用 No.6美容液SP(勇心酒造)

【ポイント】美ST世代は取り去るケアではない予防的ケアが必須。

「取り去るよりも、皮脂の分泌を抑える有効成分を配合した医薬部外品を選ぶといいでしょう。ライスパワー®No.6は日本で唯一皮脂の抑制効果が認められている成分です」(小西さん)

【敏感肌用】美容液

4種のヒト型セラミドを配合。ノブ Ⅲ バリアコンセントレイト【医薬部外品】 30g ¥5,500(常盤薬品工業)

【ポイント】まずは貯水できる肌に。

「敏感肌はどの成分が刺激になるかわからないため、美容液も敏感肌用を選んで。まず大事なのはバリア機能と保湿です。NOV Ⅲシリーズのようにヒト型セラミドが配合されている製品などがお勧めです」(小西さん)

美容液の最新形は?

ビオパフォーマンス スキンフィラー 左〈朝用美容液〉フルエクスパンション セラム、右〈夜用美容液〉インフィル セラム 各30ml ¥35,200(SHISEIDO) 10/1発売

「ヒアルロン酸は分子が大きいので、肌の内に入れるために小さくしてきました。しかし肌の中で小さいままでは効果が薄いのです。夜入れるときは小さく、朝に肌の中で大きく戻すことを実現したこの美容液には美容液の可能性を感じます」(小西さん)

こちらの記事もおすすめ!

2022年『美ST』9月号掲載
撮影/大瀬智和〈人物〉、河野 望〈静物〉ヘア・メーク/Sai 取材/大佛摩紀、今福英美 編集/石原晶子

FEATURE

MAGAZINE

一生元気に!自愛ビューティ

美容のプロが教える【肌悩み別】おすすめ美容液9選

2024年4月号

2024年2月17日発売

FOLLOW US

HOT WORDS

PRESENT & EVENT

Topics今、スキンケアで注意すべきこと