SKINCARE

進化が止まらない…「大気汚染やブルーライトもカット」優秀日焼け止め4選

今やUVアイテムは年間通しての使用が一般的になり、〝焼かない〟を大前提に多彩なスペックを搭載したものが続々登場!欲しい機能で選んで、シチュエーションによって、いくつかを使い分けするのがおすすめです。

Q. 大気汚染対策も一緒にできる?

A. “ブルーライト、PM2.5に対応”ものも豊作

1:トーンアップさせながら汚れを肌に付着させない

【Obagi】オバジC デイセラムUV
肌についた汚れを洗浄時にするりと落とし、大気汚染物質や花粉が肌に付着しにくいマルチプロテクトベール搭載。3種のビタミンC 誘導体を高配合し、つけている間中スキンケア。SPF50+・PA++ ++ 30g ¥3,300(ロート製薬)

2:メーク直ししながらブルーライトもカット

【SNIDEL BEAUTY】プレストパウダー UV n 00
重ねても澄んだ印象のルミナスマット肌に。メーク崩れが気になる時間帯にも、サッとリタッチ可能。保湿成分で日中の肌を絶え間なくケアし、ブルーライトからも防御。SPF50・ PA++++ 8.1g ¥4,180(SNIDEL BEAUTY)

3:ポリマーが肌を保護し自然なツヤもアップ

【CLARINS】クラランスプレシャス プロテクトゥール UV
白い光を反射するマザー・オブ・パールを配合し、保護ヴェールを形成。顔だけではなく、デコルテにも塗れば、レフ板効果で顔色も明るく。ポリマーがチリやほこりからガード。SPF50・PA++++30ml ¥15,400(クラランス)

4:有害な光を抑え肌に良い光のみ透過

【POLA】B.A ライト セレクター
有害な紫外線などはカットしながらも、肌に良い赤色光のみ肌に通すことで、日中の時間をスキンケアタイムに変える画期的なUV。潤い成分が空気中の水分を抱え込み、乾燥知らずに。SPF50・PA ++++ 45g ¥12,100(ポーラ)

2024年『美ST』6月号掲載
撮影/渡邉明日香(A-1)〈人物〉、Kent Chan〈静物〉ヘア・メーク/コンイルミ、本多遥香(ともにROI)〈読者分〉 取材/平井ゆみ、キッカワ皆樹 再構成/Bravoworks,Inc.

FEATURE

MAGAZINE

一生元気に!自愛ビューティ

進化が止まらない…「大気汚染やブルーライトもカット」優秀日焼け止め4選

2024年9月号

2024年7月17日発売

FOLLOW US

HOT WORDS

PRESENT & EVENT